• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

3Dデータの活用方法について機構解析していますか?

3次元CADを導入されているお客様にどんな解析を行なっているか聞いた時、「構造解析」とか「流体解析」と答えてくれるお客様は多くいらっしゃいますが「機構解析」と答えてくれるお客様は極端に少ないように思います。

機構解析は、動作アニメーションの作成に始まり、必要な駆動力を求めたり、駆動部の反力の算出、適切なバネ剛性の判断、動的干渉チェックなどが行なえ、設計者にとって非常にメリットの多い計算ツールと言えます。

最近ではメジャーな3次元CADには機構解析の基本機能が統合されるようになり一昔前に比べるとだいぶ値段も下がって、身近に使える環境も整ってきています。

では、なぜ使用しているユーザーが少ないのでしょうか?
その理由のひとつとしては「操作が煩雑でよくわからない」という理由があげられるようです。

操作性を煩雑にしている問題のひとつに「ジョイント」の作成があげられます。
各パーツ同士がどのような自由度をもって動くか定義しているのが「ジョイント」で、自由度を意識した上での適切なジョイントを選択する知識がないと、思ったとおりの機構が再現できません。
「ジョイントの種類が多すぎて何を選択したらいいのかわからない」
「ジョイントを定義する際の座標の考え方や作成方法がよくわからない」
などといった声を多く耳にします。

このような声を意識してか、いくつかの3次元CADベンダーからはジョイントの設定をさせないような機構解析製品がリリースされています。 3次元CADでアセンブリモデルを作成した段階で、自動的にジョイントが作成され、あとは駆動源の指示をするだけで設定が完了するような、機構解析をおこなっている事を一切感じさせない仕組みの製品です。

これらの製品は煩雑な操作は一切ありませんので、機構解析は難しいと考えずに3次元CADを生かすツールとして是非ご活用頂きたいと思います。

なお、一部の製品の中には機構解析と称して、アニメーション作成の機能しかなかったりすることもありますので製品の選択には注意が必要です。

[S・T]

ソリューションコラムに関するご質問

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

ソリューション コラム

ソリューション コラムの最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP