• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

2011年

データ活用を通して作る「Win-Winな関係」
最近、3DCADのデータの活用に関する相談を非常に多くいただきます。データ活用と一口に言っても、内容は幅広く、お客様ごとにさまざまな悩みが存在するのが実情です。
3Dスキャナーの精度って?
3Dスキャナーをお客様にご紹介すると、必ず聞かれることがあります。それは、「精度はどのくらいなの?」「高精度じゃないと」といった言葉です。
コンサルティング費用を抑えたい!
3DCADをお持ちの皆さんは既にご存じかと思いますが、3DCADは導入するとすぐに効果が現れるというような魔法のツールではありません。操作を覚えることから始まり、データ管理方法のルール決めや活用方法の検討など、さまざまな課題をクリアした後に、恩恵を受...
前工程での3Dデータ活用
「当時このツールに出会えていたら」とほぼ全ての工程で3Dデータを活用していた私がしみじみ思ったソリューションがあります。それはプレゼンテーションで3Dデータを活用するソリューションです。
制御設計、残業が増えていませんか?
設計に占める制御設計の割合は増している。設計者の人数が増えず、業務効率が上がらない。設計時間を延ばすのは難しい。結果的に、業務の滞留が起こり負のスパイラルへと突入していくのです。一つの解決策としては、制御設計用のCADを使って設計業務の効率を上げるこ...
3D拘束を利用した3D設計手法の考え方
先日、とある雑誌を読んでいるときでした。「360°自由自在に回るハンドルはなんのため?」という一文が目に飛び込んできました。その瞬間、私は雑誌に吸い込まれていきました。
3D設計における公差の表現方法について
3D設計における公差の表現方法について、明確な答えを持たれている方は少ないと思われます。「公差中心でモデリングすべき」「公差には設計意図が含まれているから今まで通りで変えられない」など賛否両論多くの意見をいただきますが、何に重点を置き検討すればいいの...
自分では気づいていない問題点、ありませんか?
2次元/3次元CADに関わらず、CADを利用されているお客様であれば、一度は「紙図面の電子化」や「データ管理」という単語を耳にされたことがあるのではないでしょうか。これらは最近話題のキーワードであり、大塚商会でも重要テーマに位置づけています。
3Dデータの活用方法について
3DCADの使用は一般的なものとなってきました。「単純に図面を作成するのではなく、3Dデータの強みを活かし、もっと有効活用するための取り組みを行いたい」という声を耳にすることが多くなってきました。今回は、3Dデータ有効活用の取り組みをご紹介します。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

ソリューション コラム

ソリューション コラムの最後です

PAGE TOP