• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

前工程での3Dデータ活用

「当時このツールに出会えていたら…」と開発・設計・金型加工とほぼすべての工程で3Dデータを活用していた企業の設計部に所属していた私がしみじみ思ったソリューションがあります。

それは「プレゼンテーションで3Dデータを活用する」ソリューションです。

もちろん前職の業務でもプレゼンテーションにて3Dデータを活用していました。しかしPowerPointを活用したプレゼンテーションとなると3Dデータの"デザイン"や"動き"を表現する方法は以下の方法が精一杯でした。

  • 3Dデータの画像を大量にキャプチャしコマ送りにより動きを擬似表現
  • PowerPointのアニメーション機能で3Dデータの動きを擬似表現
  • 3D CAD画面をキャプチャしビデオを生成する

しまいにはワークステーションを持ち込み3D CADで見せる。どれも非効率な上に表現力も不十分でした。

他の方法として、外注業者に依頼しアニメーションやレンダリング画像を作成してもらうという取り組みも行っていました。しかし数十万円単位の費用と、打ち合わせや修正工数などで多大な経費を費やしていました。

このように、正直、当時は3Dデータを有効活用したプレゼンテーションが充分に行えていませんでした。

しかし今は時代が違います!「専門的な知識がなくても」「3D CADのスキルがなくても」「通常の業務用パソコンでも」3Dデータを活用した非常に表現豊かなコンテンツが作成可能です。もちろんPowerPointに組み込み、従来のプレゼンテーションデータとの連携や、3Dデータならではのインタラクティブな操作も可能です。

投資金額については、業務の効率化や外注費削減、仕事の受注アップなどを考えますと、多くの場合、容易にペイできると思われます。

"表現力の乏しい"PowerPointでの3Dデータのプレゼンテーションに「無駄な工数」「無駄な外注費用を費やしている」ことでお悩みの方。私の経験からぜひ皆様に知って欲しいソリューションがあります。

[H.T]

ソリューションコラムに関するご質問

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

ソリューション コラム

ソリューション コラムの最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP