• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

コンサルティング費用を抑えたい!

3DCADをお持ちの皆さんは既にご存知かと思いますが、3DCADは導入するとすぐに効果が表れる、というような魔法のツールではありません。まず、3DCADの操作を覚えることから始まり、データ管理方法のルール決めや活用方法の検討など…
様々な課題をクリアした後に、3DCADの恩恵を受けることが出来ます。

通常、弊社としては3DCADの操作を覚えるためにはスクールを、運用ルールや活用方法を決めていくためには、コンサルを受けることをお勧めしています。しかし、「まずはスクールだけ受けてみます」というお客様が多くいらっしゃいるのが事実です。

スクールとコンサル、どちらも3DCADの恩恵を受けるためには必要なものなのですが、なぜこのような差が生まれるのでしょうか?

1つには、「費用対効果の分かりやすさ」があるのではと思います。スクールの場合、「操作方法を覚えて、このモデルを作りました」というように、成果が誰にとっても分かりやすいです。
一方、コンサルに関していうと、受けたことによってどのような効果が生まれたのか、一見よく分からないかもしれません。

しかし、データ管理のルールを徹底していなかったせいで、データを探す無駄な時間が発生している、モデルの作り方のルールが統一化されていなかったので、設計ミスが生じてしまった、などのような話をお客様から伺うと3DCADをどのように運用していくかのルール決めが非常に重要なものであると痛感します。

弊社では、3DCADの運用方法について、何から始めればいいのか?どのようなルールが一般的なのか?
などをアドバイスする、いわばコンサルの入門コースもご用意しています。3DCADの運用で課題をお持ちの方、ルール決めを何から始めたらいいのか分からないと感じている方はぜひ一度ご相談下さい。

[S.N]

ソリューションコラムに関するご質問

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

ソリューション コラム

ソリューション コラムの最後です

PAGE TOP