• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

設計情報管理・情報共有ソリューション事例一覧

3次元データ活用に有効なデータ配信方法

3次元データ活用に有効なデータ配信方法

3次元CADに加えてデータの管理ツール(PDM)は設計部署内のチーム設計促進、既存部品の流用促進、仕掛けデータのバージョン管理といった場合に、非常に強力な力を発揮するツールです。PDMで管理された3次元CADデータを、どのように設計以外の部署へ配信すればよいのか事例を交えてご紹介します。

統合型グループウェア eValueNS Engineering Pack のご紹介

統合型グループウェア eValueNS Engineering Pack のご紹介

製品構成(BOM)に関連付けて管理することで重複管理もなく、製品に関わる図面や技術文書の入手が容易にできます。さらには、一括印刷や設計変更時の変更部品の利用先検索も!

さらなる業務効率化を実現するためのBOM活用

さらなる業務効率化を実現するためのBOM活用

製品構成情報(BOM)は設計時の部品構成を表現するだけでなく、見積りや計画、生産準備、コスト分析、サービス業務など、さまざまな場面での有効活用が考えられます。そして、BOMを幅広く活用することで、さらなる業務効率化を実現することができます。その具体的な活用方法とは?

早期立上げを実現するPDMシステム

早期立上げを実現するPDMシステム

PDMシステムを導入することにより生産性の向上や原価低減、顧客満足度の向上に寄与する生産システムを確立することが可能に。その方法とは?

バリエーション設計の効率化

バリエーション設計の効率化

市場ニーズに細かく対応し、かつ在庫低減やコスト削減、製品品質の確保を実現するためには、オプションの組み合わせにより多くのバリエーションを生む製品体系とすることが有効と考えられています。しかし、バリエーションを定義し、部品の取り付け部を標準化し、さらにすべての組み合わせで問題をつぶしこまなくてはならない設計作業は大変な労力を要します。バリエーション設計を効率化する方法とは?

PLMシステムによって実現される情報管理・活用方法

PLMシステムによって実現される情報管理・活用方法

近年、PDM/PLMシステムで技術情報をBOM中心に管理・共有し、業務改善に取り組むケースが増えてきています。さらに一歩進みBOM情報を管理し、さまざまな部署・場面で有効活用するために、業務形態に合わせてさまざまな機能が要求されています。

CADデータ管理に必要な機能と対象製品の検討

CADデータ管理に必要な機能と対象製品の検討

自社にあったCADデータ管理の方法を検討する場合、どのように管理したらよいのか? そもそもどのような機能をもった製品が必要なのか?

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP