• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

3次元データ活用に有効なデータ配信方法

昨今、製造業では3次元設計が進んでいます。3次元CADに加えてデータの管理ツール(PDM)を導入されるケースが増加しています。PDMは、設計部署内のチーム設計促進、既存部品の流用促進、仕掛けデータのバージョン管理といった場合に、非常に強力な力を発揮するツールです。一方、3次元データが蓄積されることにより、設計以外の部署でも3次元データを活用したいというニーズも増加しています。

生産技術部の作業指示書、保守部門のメンテナンスマニュアル、営業部門のプレゼン資料など、3次元データを活用できるシーンはさまざまです。上手な業務適用により作業工数の削減につながります。では、PDMで管理された3次元CADデータを、どのように設計以外の部署へ配信すればよいのでしょうか?

資料ダウンロード

3次元データ活用に有効なデータ配信方法 イメージ

3次元データ活用に有効なデータ配信方法の解決事例をダウンロード

PDMで管理された3次元CADデータを、どのように設計以外の部署へ配信すればよいか?実際に現場であった事例でソリューションをご紹介します。詳しくは資料をダウンロードし、ご確認ください。

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP