• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

さらなる業務効率化を実現するためのBOM活用

【取り組み内容】

図面入手コストや図面保管コストの削減を目的に、図面管理の電子化を検討する際、従来のフォルダ管理タイプの文書管理システムでは、製品ごとにフォルダで図面の管理をすると、共通部品の図面は重複管理になってしまい、重複管理を避けると製品図面一式の入手が手間になってしまう。

製品構成(BOM)に関連付けて管理することで重複管理もなく、製品に関わる図面や技術文書の入手が容易にできます。

さらには、一括印刷や設計変更時の変更部品の利用先検索も・・・

紙図面の電子化で製品構成(BOM)に関連付けた、効率的な図面管理を実現 。その具体的な方法とは?

紙図面の電子化で製品構成(BOM)に関連付けた、効率的な図面管理を実現。実現するためには具体的にどうすれば良いのか? 実際に現場であった事例でご紹介します。詳しくは資料をダウンロードしてご確認ください!

このトピックスを知人に勧める可能性を教えてください

フィードバックをいただき、ありがとうございます。
当サイトへのご意見やご要望がございましたら、次のフォームよりお聞かせください。今後のコンテンツや機能強化の参考とさせていただきます。

アンケート(トピックスの評価理由)

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

ご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

PAGE TOP