バリエーション製品設計ソリューション

設計期間中に起こりえるミス、手戻り、開発期間短縮などのトラブルにより、工数が増えてしまった・・・そんなケースに備えて、原因を分析し、工数を減らす工夫をご用意しています。

バリエーション製品設計ソリューション特長

各種バリエーション製品における、設計手法をコンサルティング

設計ミスや、試作後の手戻り削減、さらには開発期間の短縮など、3D CADの導入効果が得られるものの、反面、設計者の作業工数増加が生じることもあります。工数増の要因を分析し、バリエーション製品における最適な設計手法をご提示します。

3D設計適応後の工数増をテンプレート化で解決

工数増加の原因である繰り返しの作業など、無駄な工数を削減するために「テンプレート化」をご提案します。自社の設計に合ったテンプレートを作成することで、無駄な作業工数を減らし、導入効果の拡大が狙えます。

テンプレート設計手法では、設計要件、意図をモデリングテンプレート化し、設計ノウハウ、要素技術などをナレッジテンプレート化します。APIを活用※してそれらの自動化を図る流れなど、テンプレート設計のノウハウをご提供します。

  • * テンプレート設計におけるAPI活用ノウハウのご提供以外にも、ご要望に応じた受託開発も承ります。大規模から簡単なプログラム作成まで、受託開発専任のスタッフが高品質なテンプレート設計環境を構築します。

テンプレート設計手法

テンプレート設計手法

関連コンサルティングメニュー