OPTIS社が光ファイバーネットワークの設計や管理用ソリューションを発表

2011年 2月 8日

OPTIS社、Toulon、フランス、2011年2月1日

バーチャルリアリティとして、ライティングや視覚的な表現など、人間工学のシミュレーションソフトウェアを手掛けるOPTIS社が、人間の視覚と同等なシミュレーションが可能なリアルタイム・ビジュアル・エルゴノミクス・ソリューションの「SPEOSVE3」を発表した。本ソフトウェアは、物理学と生理学をベースとしたレンダリングソリューション。自動車の設計プロセスの早い段階で、ライティングにおける反射や可視性の問題を解消することが可能となる。