富士通が、「VPS(Virtual Product Simulator) V15L11」を発表

2011年 3月10日

富士通(株)、東京、日本、2011年3月9日

富士通株式会社とデジタルプロセス株式会社が新しい3次元仮想検証シミュレーターツールのVPS(Virtual ProductSimulator)の最新版「V15L11」を発表した。本ツールは、複写機やサーバなど、一万点以上の部品から構成される電子機器の開発において、さまざまな製品の3Dモデルを活用して、バーチャルな生産を支援するコンピュータ・シミュレーションツール。最新版では、ワイヤハーネスを考慮したアセンブリプロセスの検証やひとつの3Dモデルを利用してさまざまな色や形状のバリエーションを検討することができる。