Lundstrom Design社のTouchCADが3Dのセイルデータを新たにサポート

2011年 6月13日

Lundstrom Design社は、同社のTouchCADが3Dの帆(セイル)データを新たにサポートしたことを発表した。本サポートは、セイルの全体または部品において、高解像度の印刷を施したセイルの制作することを目的としている。

新しい入力フィルターは、TouchCADのイメージ展開機能をセイルメーカーに向けて提供していく。TouchCADは、どのような3D形状においても高解像度のイメージを施し、自動的にイメージを展開したものとして変形させることができる。

展開イメージは、ピクセルレベルで変形され、ベクターと同等なものとしてネスティングされます。

サポートフォーマット

  • Sails Science ASC 3Dフォーマット
  • Quantum Sails Spinnaker
  • Sail Pack Mouldslize XYZ
  • North Sails PANファイル
  • Autometrix VRMLファイル
  • ASCフォーマットの点群データ

Lundstrom Design社では、セイル上に投影されたイメージの制作物をチュートリアル・ムービーとして見ることができる。