Dassault Syst?mes(3DS)社が、バージョン6のプラットフォーム、および初のクラウドビジネスサービスを発表

2011年 7月 4日

3次元設計・解析と製品ライフサイクル管理ソリューション(PLM)の世界的リーダーであるDassault Systèmes(3DS)社が、新しいオンライン バージョン6のプラットフォーム、デベロッパー向けコミュニティの発足、新しいストア、および初のクラウドビジネスサービスを発表した。また、次世代SaaS(software as aservice)オペレーターサービスの提供を開始するためのアウトスケールにおける戦略的投資も発表する。

バージョン6プラットフォーム

3DSは、ライフライクエクスペリエンスの推進、優れた情報の公開、ソーシャルイノベーションの実現、3Dでの考案、企業資産やオペレーションの構造化を行うためのバージョン6オープンプラットフォームを提供する。3DSエクスペリエンスプラットフォームは、CATIA、SolidWorks、SIMULIA、DELMIA、ENOVIA、3DVIA、Exalead、3DSWYMなどの基盤となるバージョン6のテクノロジで構築されている。バージョン6プラットフォームは、設定するための簡単なメカニズムの提供、マッシュアップ機能の拡張、新しいアプリケーションとエクスペリエンスの開発を行うことができる。

3D Store(クラウドベースの3DとPLMビジネスサービスを提供する3Dストア)

  • 新しいソーシャルイノベーションソリューションである3DSWYM
  • ENOVIA Version 6を利用したSolidWorks向けのn!Fuze、CATIA Version 6向けのn!volve
  • 3DVIAやDraftsightなどを含む3DS製品へのアクセス
  • パートナーや顧客からエクスペリエンスやアプリケーションへのアクセス

Outscale(アウトスケール)

Dassault Systèmes社が次世代のSaaSオペレーターサービスを提供するOutscaleの戦略的投資を発表した。同社は、SaaSサービスベースのオペレ-ションを管理するためのOutscaleサービスを信頼している。Outscaleを利用することで、DassaultSystèmes社は、非常に専門的なワールドクラスの構造である24x7サービスを保証することを決定し、オンラインアプリケーションの最も良い有効性を提供するために、ダイナミックなパブリッククラウドのリソース割当を活用します。複数のクラウドの物理的なロケーションを管理するための同社のPLMコアテクノロジを適応させることで、競争優位性を発揮させる。

「Dassault Systèmes社が株主であることによって私たちは、最新のソフトウェアテクノロジへアクセスできる国際的で強固な業界パートナーのサポートを、組み合わせることができます。私たちのスタートアップには、次のIT革命の導入を革新する手段があります。」とOutscaleの社長であるLaurent Seror氏は述べている。