Zero Wait-State社がエンタープライズPDMのRAPIDVaultの最新版を発表

2011年10月 3日

PLMおよびPDMテクノロジを活用した製品ライフサイクル管理ソリューションを提供しているZeroWait-State社がエンタープライズPDMのRAPIDVaultの最新版を発表した。本製品は、エンタープライズPDMの導入を劇的に早めることが可能で、ベストプラクティスに基づいたテクノロジが活用されている。RAPIDVaultは使い勝手が良く、ベストインクラスのプロセスを利用することで、エンタープライズPDMの投資効果がすぐに現れる。

RAPIDVaultは、独特な機能を提供している。例えば、ネットワークのシェアードドライブからデータ移行に関するサポートやライブラリ部品の装備などの特別な配慮がされている。また、本製品は現場のノウハウが反映され、迅速な導入テンプレートによる現実的なソリューションを提供している。

「われわれのサービスパートナーのZero Wait-State社がエンタープライズPDMの顧客に対して付加的な機能を提供することを光栄に思います。エンタープライズPDMは、マーケットシェアを迅速に増加させています。また、RAPIDVaultのようなサービスを提供することで、エンタープライズPDMの成長が加速するでしょう。」とDassault Systèmes SolidWorks社でPDMProduct Managementのマネージャを務めるRichard Allen氏が述べている。