「日本のPDMマーケット2010-2014」のレポートを発表

2011年11月21日

TechNavioのアナリストは2010年から2014年にかけて国内の製品データ管理(PDM)ソフトウェアの年平均成長率が10.1%になると予測している。本マーケットにおける成長の要因の一つには、日本の製造企業のアウトソースが増加したことが挙げられる。また、PDMソフトウェアにおいてはマイクロペイメントモデルも出現している。しかし、日本の自動車業界の景気後退が本マーケットの成長に課題をもたらすかも知れない。TechNavioの報告書「日本国内における製品データ管理ソフトウェアマーケット2010-2014」では、業界の専門家からの情報をもとに詳細なマーケットの分析を行い、日本国内におけるPDMマーケットの展望と成長などに焦点をあてている。また、国内の製品データ管理ソフトウェアマーケットにおける主要なベンダーの考察も含まれている。

主要なベンダーとして、Siemens PLM社、Dassault Systèmes社、Parametric Technology社などが含まれている。

また、本レポートでは、

  • 2014年のマーケット規模の予測と成長率
  • マーケットに影響を与えるトレンド
  • マーケットを推進する要因
  • マーケットの成長における課題
  • マーケットにおける主要なベンダー
  • 各ベンダーの機会と脅威
  • 各ベンダーの長所と短所

などを取り上げている。