VizUp社が、ポリゴンの削減と最適化をはかる「VizUp」の最新版をリリース

2012年 2月 1日

VizUp社、Vancouver、カナダ、2012年1月27日

設計モデルにおけるポリゴンのデータ量を調整するアルゴリズムやCAD/CAM/CAE向けのビジュアリゼーションツールを開発しているVizUp社が、ポリゴンの削減と3次元モデリングの最適化をはかるソリューション「VizUp」の最新版をリリースした。本製品は、大量データを処理しながら複雑な3次元形状モデルを表現する過程において、扱うポリゴンデータを必要最低限の量に抑えるための設計支援ツール。最新版の「VizUp4.3.7」では、基準値補正手法やATIカードのサポートを改善したほか、STLファイルのインポート/エクスポート機能、形状およびグループの処理機能、テクスチャーボーダーの保存や処理におけるアルゴリズムなどを強化している。