富士通研究所が、世界初、部分的な形が似た3次元CADモデルを検索する技術を開発

2012年 4月17日

富士通研究所、川崎、日本、2012年4月12日

富士通研究所と富士通研究開発中心有限公司は、登録されている3次元CADモデルの中から、部分的な形状が似たモデルを検索する技術を開発した。今回開発された技術により、3DCADモデルは突起部分など特徴的な形状を自動的にパートモデルに分割される。分割されたモデルは方向、サイズ、位置が異なっても、形状が似ていれば、検索することができる。この技術により、検索されたパートモデルは、他の部品との組み合わせや再使用ができるので、最初から設計するよりも、設計時間を90パーセント短縮することができる。