Dassault Systemes社が「3DVIA Home 2014」を発表

2014年 5月26日

2014年5月20日 フランス ヴェリジー=ヴィラクブレー ―― 3DEXPERIENCEカンパニーとしてその名を知られるDassault Systemes社は20日、「3DVIA Home 2014」をリリースした。

「3DVIA Home」は、製造企業からリセラーや最終顧客まで全てをターゲットとした、キッチンや風呂などの3D空間を設計できるアプリケーションで、使いやすさの高さと相まって、ウェブから店舗までシームレスなコンシューマエクスペリエンスを実現する。同アプリケーションでは、リセラーのリード処理時間とセールスサイクルの短縮によって利益を増大するべく、高度に機能化されたシステムキッチンの構成を同社独自の自動提案ウィザードによって適用することが可能となっている。

マーケティング&コミュニケーションディレクターのLaurence Caurette氏は、「我々のウェブサイトを訪れた顧客は、使い勝手に優れた『3DVIA Home 2014』の持つ高度な自動構成機能によって彼ら自身が望むキッチンに必要なコストをいとも簡単に可視化し、見積もりができます。その結果として実現するウェブから店舗までのカスタマーエクスペリエンスの高さは、そのまま彼ら自身の満足感と我々の販売効率の双方を増大してくれるのです」

「3DVIA Home 2014」では、以下の5種類の機能が新たに追加されている。

Custom Countertop Deisgn

最終顧客と製造業者双方に適合する、カスタム天板を直感的に設計可能な新規ツール。使い勝手の良さに重点が置かれており、製造上の制約から逸脱することなく自由に設計できる。

Accurate Installation Instructions

完全に寸法付けされたプランとその立面図を自動的に作成すると共に、寸法や注記、レイヤー設定などさまざまな2D機能によって、各種機器の正確な設置が可能。

Meaningful Business Insights

顧客の行動を分析し、確度の高い見込み客を識別した使用状況レポートを提供可能なウェブベースレポートポータル。標準設定では、ウェブサイトと店舗双方のアクティビティや見込み客の購入可能性、および製品選択と平均的なキッチンサイズなどをレポートする。

Access to Prospect Data

高速な検索エンジンにより、顧客データに迅速にアクセスを可能とする。コンタクトネームやeメールアドレスからさまざまな情報を一覧できるだけでなく、関連する3D空間のプランへのアクセスも可能。

Unsurpassed Consumer Experience

2Dレイアウトのインポート機能やレンダリング性能の向上、プロジェクトの見積もりフォーマットの改善、選択可能な塗装やタイルの追加などのさまざまな機能向上により、使い勝手をさらに改善する。

3DVIA Home 2014に関する詳細情報