Sculpteo社がCarbon3D社のCLIPテクノロジーを導入

2016年 3月11日

Sculpteo社 フランス パリ 2016年3月9日

オンライン3Dプリントサービス企業のSculpteo社は2016年3月9日、Carbon3D社によって開発されたCLIP(Continuous Liquid Interface Production)テクノロジーを導入することを発表した。同テクノロジーの導入は、グローバル3Dプリントプラットフォームとしては初となる。CLIPテクノロジーは、感光性の液体樹脂を光と酸素によって連続的に造形するもので、一層ごとに造形する通常の3Dプリンターと異なり、単一の部品として造形できる。