Open Data Allianceが「Teigha BIM」を発表

2016年 9月29日

Open Data Alliance アメリカ アリゾナ州 フェニックス 2016年9月23日

Open Data Alliance(ODA)は2016年9月23日、Autodesk Revit用スタンドアロン型SDKとなる「Teigha BIM」を発表した。Teigha BIMは、.rfaや.rvt形式のファイルをさまざまなアプリケーションで利用するための相互運用性を提供する。Teigha BIMは、BIMデータの読み込みや書き込み、レンダリングが可能な強力なオブジェクト指向型APIを特徴としている。さまざまなプラットフォームで動作するだけでなく、Teigha CloudやODAのWebベース可視化・編集技術と連携も可能となっている。