RP Support社が「NEOS 800」を発表

2016年10月 5日

RP Support社 イギリス 2016年9月28日

RP Support社は2016年9月28日、光造形法(ステレオリソグラフィー)を用いた新型3Dプリンターとなる、「NEOS 800」を発表した。NEOS 800は、最大800×800×600mm(ミリメートル)の造形サイズに対応し、オープンレジンシステムを備えている。搭載する光源は波長355nm(ナノメートル)、出力2W(ワット)のNd:YVO4(ネオジウム・イットリウム・4酸化バナジウム)レーザーとなっている。同機は、造形物のサイドウォール品質を改善することで、後処理および仕上げに要する時間を短縮できる。