Trumpf社が3Dプリンター「TruPrint 5000」を発表

2017年11月22日

Trumpf社 2017年11月17日

Trumpf社は2017年11月17日、フランクフルトで開催されたFormnext 2017において、同社の最新製品となる「TruPrint 5000」を発表した。TruPrint 5000は、出力500Wのファイバーレーザー3基と独自のスキャナー光学系を搭載し、世界で最も高速かつ生産性の高い中型3Dプリントシステムであることを謳っている。同システムは、溶接が可能な材料であればどんな材料でも利用可能で、直径300mm、高さ400(mm)までの大きさの複雑な部品を作成することができる。また、ゼロポイントクランピングシステムにより、ねじ止めのような人手を要する作業を不要としている。加えて、革新的な3連レーザーシステムにより、連続生産が可能なまでに高速化されている。移動型多点レーザー法により、大型または非常に複雑なプリント作業において、時間を大幅に短縮できるとしている。

More Information