• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

MSC Software社が「MSC Nastran 2018.0」をリリース

2017年11月27日

MSC Software社 2017年11月20日

2017年11月20日 ―― 解析ソフトウェア及び解析サービスに関する世界的なリーディングカンパニーであるMSC Software社は2017年11月20日、「MSC Nastran 2018.0」のリリースを発表した。

MSC Nastranは、世界有数の有限要素法ソルバで、航空宇宙・防衛産業や自動車産業、エネルギー関連産業、製造業、その他ハイテク産業における様々な工学的連成問題の解析を実行することができる。

今日の産業界においては、複数のコンポーネントや部品、及びアセンブリからなる複雑な構造を設計することが求められている。各々のコンポーネントは全体構造の一部分を構成し、これらは異なる部署やサプライヤーから調達されうる。MSC Nastran 2018.0では、新規アセンブリモデリング手法により、複雑な構造モデルの為のマルチレベルアセンブリを設計者が容易に作成、結合し、管理することが可能となる。

業界標準の台頭に伴って、設計者はNVH(騒音・振動・ハーシュネス)解析に軽量で高強度な材料を用いた、新しい設計手法を用いるようになってきている。これらの材料の多くは、減衰性能や硬さなどの特性が周波数と共に変化する、同様の機械特性を共有している。具体例は以下の通り。

  • SFRP(ガラス短繊維強化プラスチック)シート
  • 合わせガラス製の風防
  • 積層金属(粘弾性減衰層を挟み込んだ二層鋼板)
  • 炭素繊維

このような積層材料の真のふるまいを捕らえるためには、解析時にこれらの周波数・空間依存的特性を把握していることが重要となる。自動車や航空宇宙機における設計と騒音低減の為に取り入れられた、MSC Nastran 2018.0における周波数依存型材料特性の正確な実装により、設計者が解析の深度を拡張することができるようになっている。

多くの複雑な構造では、非常に巨大なモデル規模となるために長い解析時間を必要とする。MSC Nastran 2018.0では、大規模解析モデルに最適なソリューションを提供し、より高速なターンアラウンドタイムを実現できるよう強化されたHPC(高性能計算)手法を取り入れている。MSC Nastran 2018.0の効率的な計算手法によって解析計算を高速化し、多くのモデルで最大5倍ものパフォーマンス向上を実現している。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP