• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

BASF社が新型3Dプリント用フィラメント2種を発表

2018年4月17日

BASF社 2018年4月13日

BASF社は2018年4月13日、新型3Dプリント用フィラメントとなる、「Ultrafuse 316XL」、および「Ultrasint PA6 LM X085」を発表した。Ultrafuse 316XLはステンレス鋼混合フィラメントで、開放型FFF(熱溶解積層)式3Dプリンターを用いて金属部品を作製することができる。同フィラメントは、金属材料の混合率を高めるとともに、収縮率を事前予測可能な14~17%とし、粉末ベースの加工法と比較して、コストと安全性の両面で優位であるとしている。Ultrasint PA6 LM X085では、SLS(選択的レーザー焼結)法で使用可能な新材料。融点が193度のポリアミド6ベースの粉末で、標準的に使用されているSLS式3Dプリンターで容易に使用することができる。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP