• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Theorem Solutions社がCADデータ変換ソフトウェア「Inventor to JT Visualize 3D v21.3」をリリース

2018年12月3日

Theorem Solutions社 2018年11月29日

Theorem Solutions社は2018年11月29日、Inventor向けCADデータ変換ソフトウェアの最新版となる「Inventor to JT Visualize 3D v21.3」をリリースした。Inventor to JT Visualize 3D v21.3では、Inventor 2017/2018/2019をサポートし、JT version 10.0までのJTファイル形式に対応する。Inventor to JTトランスレーターはAutodesk Inventor Development Environmentを通じて開発され、無償のInventor Viewerアプリケーションを用いて最新版のInventorデータをJTファイル形式へ変換することができる。同トランスレーターは、データ構造に関わらず全てのJTアセンブリタイプを処理することができる。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP