• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

ParaMatters社が「CogniCAD」をリリース

2018年2月26日

ParaMatters社 2018年2月21日

2018年2月21日 ―― 自律的トポロジー最適化および生成的軽量化設計へ注力するParaMatters社は2018年2月21日、「CogniCAD」プラットフォームをリリースした。CogniCADは、航空宇宙業界や自動車産業、その他のミッションクリティカル用途における、高性能で軽量な構造を実現するための積層造形設計を自動的に生成する機能を備えた、クラウドベースの認知的設計プラットフォーム。

共同創設者にしてCTOであるMichael Bogomolny氏は、「CogniCADの技術は、高度なトポロジー最適化技術と計算幾何学、クラウドによる無限の計算能力、および人工知能技術を融合したものです」と述べている。

CogniCADは、同社のウェブサイトを通じ、従量課金制のクラウドサービスとして容易にアクセスすることができる。同社は現在、複数のサブスクリプションベースまたはエンタープライズベースのモデルを検討するとともに、相補的な戦略的パートナーシップの締結先を模索している。

イノベーションサイクルの加速に加えて、ParaMattersはデジタルスレッド全体と積層造形能力を強化するような高度なアルゴリズムを開発中である。これには、設計者や技術者が指定したコストや材料、サイズ、重量、強度、様式に基づいて軽量なメタマテリアル格子構造を自動的に構築できるような、新たなクラウドベースの生成的設計プラットフォームが含まれている。

Bogomolny氏は加えて、「我々は、高品質かつ最適化された軽量設計を自律的かつ自動的に生成可能とすることで、設計から製造までのプロセス全体を変革することができるでしょう」と述べている。

CogniCADは、最初にCADファイルをプラットフォームへインポートし、続いて負荷と設計上の基準を定義する。ユーザーは、数分以内に検証済みで3Dプリント可能な生成的設計の成果を得ることができる。ParaMattersが生成した設計は全て積層造形技術を用いて直接製造することができる。

詳細情報

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP