• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

MathWorks社が数値計算ソフトウェア「MATLAB R2018b」をリリース

2018年9月25日

MathWorks社 2018年9月19日

2018年9月19日 ―― MathWorks社は2018年9月19日、数値計算ソフトウェアMATLABの最新版となる「MATLAB R2018b」、およびマルチドメインシミュレーションとモデルベースデザインのためのブロック線図環境の最新版となる「Simulink R2018b」をリリースした。同リリースでは、製品ファミリー全体にわたる新機能の追加や不具合の修正が行われているほか、ディープラーニング(深層学習)に関する大幅な機能強化が含まれている。新規Deep Learning Toolboxは、これまでのNeural Network Toolboxを置き換えるもので、深層ニューラルネットワークを設計し、実装するための枠組みを技術者や科学者へ提供する。同リリースにより、画像処理や画像認識、あるいは信号処理などの技術者やシステムズエンジニアが複雑なネットワークアーキテクチャの設計をより容易に行うためにMATLABを用いることが可能となり、また彼ら自身のディープラーニングモデルのパフォーマンスを改善することができる。

ONNXコミュニティに最近加入したMathWorks社は、MATLABユーザーと他のディープラーニングフレームワークとの間でのコラボレーションを可能とする相互運用性に関するデモンストレーションを行った。R2018bで導入された新規ONNXコンバーターを用いることで、PyTorchやMxNet、TensorFlowなどの対応するフレームワークからモデルをインポートまたはエクスポートすることが可能となる。このような相互運用性を導入することにより、他のフレームワークで利用できるようにモデルをMATLAB内で訓練することができる。同様に、他のフレームワークで訓練したモデルをMATLABへ移入し、デバッグや検証、あるいは組み込み開発などのタスクのために利用することができる。加えて、R2018bでは、単一行コードからアクセス可能な参照モデルの選別済みセットを提供する。また、追加のモデルインポーターにより、CaffeやKeras-Tensorflowのモデルが利用できるようになっている。

MathWorks社MATLABマーケティングディレクターのDavid Rich氏は、「多くの産業でディープラーニングが一般的になるにつれて、さまざまな専門分野の技術者や科学者が幅広くディープラーニングへアクセスし、応用できるようになることへの必要性が生じています。R2018bのリリースにより、研究から生産用試作に至るまでの統合ディープラーニングワークフローを用いることで、ディープラーニングの専門家だけでなく、初心者であってもMATLABを用いて学習し、応用して、高度な研究を指揮することができるでしょう」と述べている。

R2018bにおいても、MathWorks社はユーザー生産性とディープラーニングワークフローの使い勝手を継続的に改善している。

  • Deep Network Designerアプリの追加により、複雑なネットワークアーキテクチャの作成や、訓練済みの複雑なネットワークを転移学習用に修正することが可能となる。
  • NVIDIA GPU CloudおよびAmazon Web ServiceやMicrosoft Azure用のMATLABリファレンスアーキテクチャ上のMATLAB Deep Learning Containerを備えたクラウドベンダーをサポートすることで、ネットワークの訓練パフォーマンスを改善している。
  • オーディオや動画、アプリケーション固有データストアなどのためのグラウンドトゥルースラベリングアプリを含む、分野に固有のワークフローに対するサポートが拡張されたことで、大規模データ集合に対する作業がより容易に行えるようになり、また高速化されている。

NVIDIA社製ライブラリのサポートと、自動チューニングやレイヤー統合、およびバッファ最小化などの導入により、R2018bにおいてもGPU Coderの推論パフォーマンスが改善されている。加えて、Intel MKL-DNNを使用するIntelプラットフォームおよびARM Compute Libraryを使用するARMプラットフォームの双方に対するサポートが追加されている。

近日中に利用可能となるR2018bには、コード生成や信号処理・通信、および検証・評価用の新機能をはじめとした、MATLABおよびSimulink製品ファミリーのアップデートが含まれている。MATLABおよびSimulink製品ファミリーへ適用される全ての新機能と修正される全不具合についての情報について盛り込まれたR2018b Highlights動画が用意されている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP