Ultimaker社が3Dプリント支援ソフトウェア「Cura 4.0」の早期β版を公開

2019年 1月17日

Ultimaker社 2019年1月14日

Ultimaker社は2019年1月14日、同社製3Dプリント支援ソフトウェアの次期バージョンとなる、「Cura 4.0」の早期β版を発表した。同早期βは、新たに導入された新規ユーザーインターフェイスを大きな特徴としている。この新規ユーザーインターフェイスでは、ユーザーの作業手順を示す3つのステージメニューが表示される。ステージメニューは折り畳みパネルとして組み込まれており、スライス構成や設定のような作業時に、重要な情報を表示しつつ、ユーザーが必要に応じて3Dビューを確認することができる。新規UIには推奨モードとカスタムモードの、2つの大きく異なるモードが用意されている。推奨モードでは、初心者や全ての設定項目を必要とはしないユーザーが、詳細項目を気にせずに容易にファイルを準備することができる。

More Information