• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

Hexagon社が3Dスキャナー「HP-L-5.8」を発表

2019年1月21日

Hexagon社 2019年1月16日

Hexagon社は2019年1月16日、同社初の点群作成用青色レーザースキャニングセンサーを搭載する3Dスキャナーとなる「HP-L-5.8」を発表した。HP-L-5.8は、接触式と非接触式センサーによる3次元検査を統合するもので、多目的で安価な定置型センサーを求める企業のために開発された。HP-L-5.8は、表面が暗い、あるいは反射率が高い場合でも同等の精度で点群計測できる。表面に凹凸のある小さな対象物にも対応できるように設計され、センサーの衝突や振動を防ぎ、より小型の3次元検査機と同じようにアクセスしづらい箇所に対して用いることができるとしている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP