• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

Open Design Allianceが高性能3Dビジュアリゼーションツールキット「Visualize SDK 2019.2」をリリース

2019年1月25日

Open Design Alliance (ODA) 2019年1月22日

Open Design Alliance (ODA) は2019年1月22日、高性能3Dビジュアリゼーションツールキットの最新版となる「Visualize SDK 2019.2」をリリースした。Visualize SDK 2019.2では、3Dモデル中の干渉や衝突を検知する衝突検知機能が導入されている。この機能は、静的なモデルに生じているあらゆる干渉状態を検知するだけでなく、特定のオブジェクトを移動させた場合の衝突をも検知することができる。また、Version 2019.2では、大規模データセットへ対応するためにビューの部分的インデックス化に対応している。同機能により、IFC形式またはAutodesk Revit形式として保存されている大規模データを視覚化し、注記を追加するための効率的なワークフローを提供することが可能となる。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP