ChaosグループがRhino用レンダラー「V-Ray Next for Rhino」をリリース

2019年 3月14日

Chaosグループ 2019年3月13日

Chaosグループは2019年3月13日、Rhino用レンダラー「V-Ray Next for Rhino」をリリースした。V-Ray Next for Rhinoでは、マテリアルの最適化や全体的なパフォーマンスの改善により、レンダリングスピードが最大で50%高速化されている。加えて、GPUレンダリング機能の改善によってさらに3倍の高速化を実現するとしている。V-Ray Nextから導入されたV-Ray Scene Intelligenceは、3Dシーンを自動的に解析し、一般的に利用頻度の高い条件を最適化することができる。例えば、新規Adaptive Dome Light (ADL)では、より精度の高い、画像ベースの環境光を提供することで、最大7倍の高速化を実現する。また、V-Ray SceneではV-Rayカメラについても改良されており、露出とホワイトバランスを自動的に設定することができる。これらの機能強化に加えて、アセットマネジメントシステムが新たに導入され、ワークフローを効率化し、プロジェクト全体を調整することができるとしている。

More Information