• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

Cortona3D社がインタラクティブ2D/3D技術文書作成ツール「RapidAuthor 11.1」をリリース

2019年3月25日

Cortana3D社 2019年3月20日

Cortana3D社は2019年3月20日、インタラクティブ2D/3D技術文書作成ツール「RapidAuthor 11.1」をリリースした。RapidAuthor 11.1では、S1000D文書用の編集・発行ソリューションを利用できる。Structural Repair Manualデータモジュールの編集用に、新規仕様コンポーネントのS1000D 4.1 SRMが追加されている。加えて、編集者がCIR(共通情報レポジトリ)を参照できるように、S1000Dデータモジュールの編集時に、RapidAuthor for Teamcenter 11.1からCIRへのアクセスを提供するようになっている。また、RapidAuthor 11.1では、Solid Edge 2019やSOLIDWORKS 2019、Parasolid V31、及びAutodesk Inventor 2019などの最新CAD形式へ対応している。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP