• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

SBI Produktion社がプラズマアーク溶接を用いた金属3Dプリンター「M3DP」を発表

2019年4月16日

SBI Produktion社 2019年4月12日

SBI Produktion社は2019年4月12日、プラズマアーク溶接を用いた金属3Dプリンター「M3DP」を新たに発表した。M3DPは、DED(直接エネルギー積層)式金属3Dプリンターの一種で、原料をプラズマアークによって積層する。プラズマアーク溶接を用いることの最大の利点は高い積層速度で、鋼材であれば最高で毎時10kgもの速度で積層することができるとしている。また、M3DPは密閉筐体によって非活性ガス雰囲気中で処理が行われるため、チタンベースやニッケルベースの合金にも容易に対応することができる。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP