Bondtech社がCreality社製3Dプリンター用DDS(直接駆動システム)アップグレードキットを発表

2019年 6月 6日

Bondtech社 2019年6月5日

Bondtech社は2019年6月5日、Creality社製3DプリンターCR-10S用のDDS(直接駆動システム)プリントヘッドアップグレードキットを発表した。発表された新規DDSエクストルーダーは、BMD(Bondtech Mini Geared)エクストルーダーとE3D社のV6ホットエンドを組み合わせることで、CR-10Sシステムの出力制御性能と信頼性を改善することができる。同キットは、主要部品だけでなく電力線やセンサーホルダーなども組み込み済みの完成品キットであるため、容易にCR-10Sへ組み込むことができる。Bondtech社のDual-Driveテクノロジーにより、フィラメントの摩擦や滑りを防止し、途切れることの無い安定したフィラメント送りを実現する。加えて、BMDの歯車比を3:1とすることで、小径ノズルによる高解像度3Dプリントと大径ノズルによる大流量プリントの双方に対応できるとしている。

More Information