Rolls Royce社、SLM Solutions社製4レーザー金属積層造形機「SLM 500」を導入

2019年 6月19日

Rolls Royce社 2019年6月17日

Rolls Royce社は2019年6月17日、航空宇宙向けコンポーネント生産分野における積層造形の適用を拡大することを目的として、SLM Solutions社製の4レーザー金属積層造形機「SLM 500」を選定した。SLM 500は、SLM Solutions社の複数光学系に関するノウハウと双方向リコーティング機構により、毎時171立方センチメートルの造形速度を実現している。Rolls-Royce社は、複雑な製造上の要件に加えて、航空宇宙産業特有の規定や検査に関するチェックリストをクリアしつつ、生産性の向上に関する明確な要求に対処する必要がある。同社によれば、4レーザー機であるSLM 500と不活性ガスの制御を組み合わせることで、ビルドチャンバー内の雰囲気を常時望ましい状態に維持することができるとしている。

More Information