• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

Betatype社とnTopology社がロケットノズル部品の3Dプリント製造時間の削減で協力

2019年7月23日

Betatype社 2019年7月19日

Betatype社とnTopology社は2019年7月19日、両社の提携により、3Dプリントによるテスト用ロケットノズル部品製造時間を28%削減することに成功したと発表した。積層造形部品サプライヤーのBetatype社は、形状的なボトルネックを除去することで設計プロセスを最適化するnTopology社のnTop Platformを活用し、量産のための積層造形を実証したとしている。nTopology社の創設者で現CEOのBrad Rothenberg氏は、「Betatype社とnTopologyは設計と解析、および製造プロセスを直接結び付けることによって技術的な問題を解決できるという信念を共有しており、2社間の提携を通じて、積層造形に関する強力なビジネスケースを提示することができました。nTopologyは、速度と効率性、そして信頼性を提供することで、複雑な部品の設計と製造を支援します」とコメントしている。

More Information

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP