PROSTEP社がクラウド向け「OpenPDM」アーキテクチャを発表

2019年10月15日

PROSTEP社 2019年10月14日

PROSTEP社は2019年10月14日、PLMやERPシステムのクラウド移行を望む企業向けに、クラウド利用可能ソリューションを提供すると発表した。同社のモジュラーアーキテクチャとマイクロサービスの活用により、世界でも有数の「OpenPDM」ソリューションのバージョン9以上においては、ハイブリッドクラウドシナリオで利用することが可能となる。新規アーキテクチャにより、統合フレームワークのコネクターを単独で活用し、それぞれのアプリケーションのクラウドインフラストラクチャーへ直接統合することが可能となるとしている。加えて、OpenPDM 9では新規ワークフローエンジンとマッピングエンジンが導入されている。このため、PLMはクラウド、ERPはオンプレミスで、またはその逆といったハイブリッドシナリオにおいて最良のサポートを提供するとしている。

More Information