Autodesk社が土木設計ソフトウェア「Civil 3D 2020.2」をリリース

2019年11月28日

Autodesk社 2019年11月19日

Autodesk社は2019年11月19日、同社製土木設計ソフトウェアの最新版となる「Civil 3D 2020.2」をリリースした。Civil 3D 2020.2では、新たにAutodesk Collaboration for Civil 3Dへ対応し、BIM 360内の文書の自動ファイルロックおよびロック解除などの処理が可能となっている。BIM 360プロジェクト内の作業を行う場合も、ファイルをローカルには保存しないこと以外は、ローカルまたはLAN上でCivil 3Dを用いて作業する場合と同様のワークフローで作業することができるとしている。BIM 360内の文書に対する作業のために、ユーザーはDesktop Connectorが有効化されたドライブを使用することができる。また、AASHTO 2018設計基準に基づく新たな設計基準ファイルが導入されている。

More Information