ChaosグループがRevit向けレンダリングソフトウェア「V-Ray Next for Revit」をリリース

2019年12月16日

Chaosグループ 2019年12月13日

Chaosグループは2019年12月13日、Revit向けレンダリングソフトウェア「V-Ray Next for Revit」を発表した。V-Ray Next for Revitは、設計プロセスに深く組み込まれた単純なワークフローやシーンインテリジェンス、およびアセット管理機能を構成する。新規アセットエディターでは、V-Rayマテリアルを1箇所で作成、編集して保存し、管理することができるようになるなど、Revit連携機能が強化されている。また、レンダリング速度が最大で50%高速化されているほか、V-Ray Physical Cameraでは露出とホワイトバランスの自動設定機能が導入されるなど、さまざまな機能強化が実装されている。

More Information