• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

建築業のさらならる効率化を支援するためにオートデスクと協業を強化することをライカジオシステムズが発表

2019年12月19日

ライカジオシステムズ社 2019年11月19日

オートデスクとライカジオシステムズは、デジタル化により建築業務の効率を高めることに重点を置き、さまざまなプロジェクトで協力体制を組んで技術連携を進めています。今回の新たな協業により、ユーザーはレイアウトツールとトータルステーションから、Android版も新たに提供されているBIM 360 Layoutアプリに直接アクセスすることで現場の生産性が飛躍的に向上します。

今年の初旬に販売を開始した iCT30 は、建築現場で一人で墨出し作業を行うために開発したエントリーレベルの建築用レイアウトツールです。VivaおよびNovaシリーズのトータルステーションは、測量レベルの高い精度と信頼性が確保されている機器として建築業界全体で長い間、広く認知されてきました。コラボレーション設計、計画作成、管理用のオートデスクの統合構築プラットフォームであるBIM 360 Layout アプリとの連携により、業界に新たな効率化の時代をもたらします。

More Information

実践ソリューションフェア2020で本システムをご紹介

東京会場

大阪会場

名古屋会場

お問い合わせ

この記事は業界ニュースとなりますので、当サイトではお取り扱いのない製品・サービスの場合がございます。

ご相談・お問い合わせ

ニュース一覧

ニュース一覧の最後です

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP