Desktop Metal社がオフィス向け3Dプリントシステム向け4140クロモリ鋼材料を発表

2019年12月23日

Desktop Metal社 2019年12月20日

Desktop Metal社は2019年12月20日、同社のオフィス向け金属3Dプリントシステムである「Studio System」向けの4140クロモリ鋼材料を発表した。4140クロモリ鋼は、クロモリ鋼の中でも特に汎用性の高い鋼種で、耐久性と引張強度の高さ、および耐摩耗性と耐衝撃性といった特性が優れており、さまざまな工業用途で利用可能な全用途鋼として扱われている。Desktop Metal社共同創設者でCEOのRic Fulop氏は、「Studio Systemの需要の世界的な拡大に対応し、Desktop Metalは4140クロモリ鋼の提供を開始します。この材料は、カップリングやフォーク、ピニオン、ポンプ軸、スプロケット、トーションバー、ウォームギア、コネクティングロッド、あるいはファスナーと言った、工業的に重要な目的に合わせた、さまざまな部品を設計者や技術者がプリントするために活用できるでしょう」とコメントしている。

More Information