Spatial社が3Dデータ変換用ソフトウェア「InterOp 2019 1.0.2」を発表

2019年 8月19日

Spatial社 2019年8月14日

2019年8月14日 ―― 設計、製造、およびエンジニアリングソリューション用の3Dソフトウェア開発用ツールキットのリーティングプロバイダーで、Dassault Systemes社傘下のSpatial社は2019年8月14日、モデリングパフォーマンスの改善や診断機能の改良、追加のインターオペラビリティ―機能を備えた、3Dデータ変換用ソフトウェアの最新版となる「InterOp 2019 1.0.2」を発表した。

<3D InterOp>

3D InterOp 2019 1.0.2では、ユーザーエクスペリエンスとワークフロー効率を改善するために、以下の機能強化が実施されている。

<CGM Core Modeler>

本リリースのSpatial CGMモデラーでは、インポートされたモデルデータに対する診断機能が追加され、2つの領域でワークフローが改善されている。

<3D ACIS Modeler>

3D ACIS Modeler 2019 1.0.2においても、新機能の導入や機能改善が実施されている。

More Information