• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • 受託・コンサル
  • お客様サポート

FlexSim 製品特長

FlexSimは使い方が簡単

FlexSimは「3Dオブジェクトの配置・計算・グラフ表示」の3ステップで評価を開始します。簡単に3Dオブジェクトを設定できるよう、次のような機能が搭載されています。

  • 標準のライブラリが用意されており、ドラッグ&ドロップでシミュレーションモデル内に設置
  • ダブルクリックするだけで数値を設定可能
  • オブジェクトの指定はサンプラー(スポイトのアイコン)で瞬時に設定
  • 外部からインポートした外観に変更可能

大規模なレイアウトでも検証できる

FlexSimは軽量な3Dオブジェクトで大規模なレイアウトでも検証可能です。

  • DXF、DWGなどの2次元CADファイルだけでなくJPG、PNGなどの画像ファイルにも対応
  • プロセスやスループットの計算用に作成したシミュレーションモデルをプレゼンテーションにも利用可能
  • ゲームコントローラーで内部を歩き回ることも

結果表示が分かりやすい

ダッシュボード内に各種グラフ(円、折れ線、棒、ガントチャートなど)が表示されます。配置したグラフはシミュレーションの時刻歴に応じてリアルタイムに更新されます。シミュレーションの状態を見ながら数字を確認できるため、状況の把握が容易です。

コードを書かなくてもプログラムができる

プロセスフロー機能を使うことで、フローチャート内に数種類のアクションをドラッグ&ドロップしてプログラムを構築できます。

  • リソースやゾーン、リスト機能を使うことで複雑なプロセスをコーディングなしに表現
  • 作成したプロセスは丸ごとコピーしたり、インスタンス化したりして利用可能
  • もちろんスクリプトの直接編集も可能

加工プロセスの例:三つの生産ラインで検査器具を共用

VR(Virtual Reality)技術に対応

FlexSimのシミュレーションをVRでご確認いただけます※1。顧客への効果的なプレゼンテーションにもご利用いただけます。

※1 Oculus Rift、Touch、HTC Viveと付属のモーションコントローラーに対応。

FlexSimで作成した3Dモデル内の機械をモーションコントローラーで操作

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP