• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

GyroEye Holo 製品構成

GyroEye Holoは、現場にマーカーを配置、Microsoft HoloLensで位置情報を取得したら、設計図面などがホログラムとして実寸で現実世界に投影させる仕組みです。

GyroEye Holoは、ビューアー(Windowsアプリ)とデータコンバーター(+Holoオプション)から構成され、GyroEye Holo CMSを通して、クラウド経由でシームレスにHoloLensと連携します。

GyroEyeデータコンバーター※1 2D図面、3Dデータをハイブリッドに組み合わせて変換。スケール調整、線分立体化変換、図面内テキストの変換と共に、コンバーター上で基準点となるARマーカーとの相対的な位置関係を定義
GyroEye Holo CMS 作成したデータをクラウド経由でシームレスにHoloLensと連携。ID/パスワード/専用ログインによるセキュアなCMS
GyroEye Holo ビューアー 現実空間に図面データや3Dデータを重畳させて、HoloLens越しに重畳させる

※1 動作環境:Windows 7 SP1以降 64bit、ネットワークライセンス、インターネット環境必須(CMSサーバーにてデータ変換を行う)。入力ファイル形式は、DXF、FBX、3DS、SKP、IFC以外にも2DのDXF、DWGなどにも対応。データを10個まで重ねてHoloLens用のモデルデータに変換可能なため、平面図+立面図+3Dモデルといった合成が可能。元となるデータはファイル形式にもよるが、上限50MB最大で約50mがカバー範囲と想定してください。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7815

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部建設プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP