• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

Autodesk Inventor LT 動作環境

OS Windows 10 Anniversary Update(バージョン 1607以降)64bit
Windows 8.1 64bit
Windows 7 SP1 64bit
CPU 推奨:3.0GHz以上、4コア以上
最小:2.5GHz以上
メモリー 推奨:12GB以上のRAM
最小:6GBのRAM
ディスク空き容量 インストーラと完全インストール:15GB
グラフィックス 推奨:帯域幅106GB/秒の4GB GPU(DirectX 11対応)
最小:帯域幅29GB/秒の1GB GPU(DirectX 11対応)
画像解像度 推奨:3,840×2,160(4K)
推奨尺度:100%、125%、150%、200%
最小:1,280×1,024(1,080p)
ポインティングデバイス マイクロソフト社製マウスまたは互換製品(3Dconnexion 3Dマウスの使用が可)
ネットワーク AutodeskデスクトップアプリのWebインストール、Autodeskのコラボレーション機能、.NETのインストール、Webダウンロード、ライセンスの割り当てにはインターネット接続が必要。
Network License Managerは、Windows Server 2016、2012、2012 R2、2008 R2と上記のオペレーティングシステムをサポート。
スプレッドシート Excel 2010、2013、2016の完全なローカルインストール(iFeature、iPart、iAssembly、グローバル部品表、パーツ一覧、履歴テーブル、スプレッドシートを使用する設計、ポジションリプレゼンテーションのStudioアニメーションなどに必要。
64bit版のOfficeが、Access 2007、dBase IV、テキスト、CSV形式の書き出しに必要)
Office 365のサブスクリプションメンバーは、Excel 2016のローカルへのインストールが必要。
Windows Excel Starter、OpenOffice、ブラウザーベースのOffice 365アプリケーションはサポートしない。
ブラウザー Google Chromeまたは同等のブラウザー
.NET Framework .NET Framework バージョン 4.7以降。
インストール用にWindows更新プログラムを有効にする必要がある。
仮想化 Citrix XenApp 7.6、Citrix XenDesktop 7.6(Inventorネットワークライセンスが必要)

※ Autodesk Inventor LTは、Pentium 4、AMD Athlon 64、および AMD OpteronプロセッサーでサポートされるSSE2拡張命令セットを利用できるように最適化されています。SSE2をサポートしていないコンピューターにInventor LT 2019をインストールすることはできません。サポートされる命令セットを含むCPUIDを報告するためのユーティリティがインターネット上で公開されています。

最新のシステム要件はメーカーサイトよりご確認ください。 Autodesk Inventor LT 2019 の動作環境

Autodeskコンシェルジュセンター ~製品の導入に向けて、比較・検討に役立つ情報をご提供~

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7819

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部特定CADソフトプロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP