• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SOLIDWORKS 製品トピックス

製品形状にフィットする梱包材を簡単に設計するには

製品形状にフィットする梱包材を簡単に設計するには

梱包材・緩衝材は、箱の中で製品をしっかりと固定させるために、隙間や干渉が生じないように製品形状に合わせて設計する必要があります。製品にピッタリとフィットした梱包材を容易に設計できるSOLIDWORKSならではの機能をご紹介します。

SOLIDWORKSのフレーム設計
フレーム設計の際、輪郭のスケッチを毎回作成して3次元モデルを作成していませんか? SOLIDWORKSには、効率的にフレーム設計を行える鋼材レイアウトと構造システム機能が搭載されています。それぞれ簡単な操作で鋼材の形状を定義したり、自動コーナー処理を...
SOLIDWORKS 2019の機能強化ポイント
SOLIDWORKS 2019は、CAD操作や大規模アセンブリを使用する際のパフォーマンスや既存機能の改善など、多くのユーザー様にとって重要な多数の強化・改善が行われました。今回はSOLIDWORKS 2019の機能強化点をピックアップしてご紹介しま...
効率的に板金部品の形状を再現する「SOLIDWORKSの板金設計」
SOLIDWORKSは、板金形状の作成に適したフィーチャー機能を多数搭載しています。イメージした板金部品をすばやく作成でき、豊富な板金機能を使うことで、2次元設計よりもはるかに効率的な設計が行えます。
ミスミ(MISUMI)が開発したSOLIDWORKSアドオンソフトを使ってみた
FA部品を販売しているミスミ(MISUMI)が構想から詳細設計まで使える無料の3DCADデータライブラリー「inCAD Components」を開発。このinCAD ComponentsをSOLIDWORKSにインストールして使ってみました。
SOLIDWORKS Motionで設計データから製品の動きを検証する
機構解析は製品使用時の動きを再現し、駆動による影響をシミュレーションする方法です。SOLIDWORKS Motionを使うと、製品の組み付け状態・メカニズムが再現されていれば、3次元モデルを使用してモーション解析を実行できます。
SOLIDWORKSの利活用による人手不足対策
日本のものづくり産業は経済の堅調さの回復に伴い、受注が増加し、人手不足が顕在化しています。生産性の高い現場力を実現するには、デジタルツール中でもSOLIDWORKSの利活用による合理化は不可欠といえるでしょう。
データ互換性に柔軟に対応できるCAD「SOLIDWORKS」
SOLIDWORKSは多様なデータ形式に対応したインポート・エクスポート機能を搭載しています。他社製CADデータや中間ファイルを変換せずに直接読み込めたり、データ互換上の問題を未然に防ぐ品質チェックし、問題のあるインポートデータを自動で修復したりする...
知らないともったいない! SOLIDWORKSの便利機能
SOLIDWORKSには、設計を効果的に進める強力な機能が多数搭載されていますが、主要機能以外にもさまざまなシーンで役立つ機能が搭載されていることをご存じでしょうか? 知らないともったいない、SOLIDWORKSの便利な機能をご紹介します。
SOLIDWORKS CAM 使い方マニュアル(簡易)で基本操作を押さえよう
SOLIDWORKS 2018から、サブスクリプションご加入のお客様は無償でお使いいただけるSOLIDWORKS CAM。「CAMの使い方は分からない…」という声にお応えして、SOLIDWORKS CAMのインストールから使い方まで、基礎的な操作が分...
SOLIDWORKSの基本を理解しよう!
SOLIDWORKSとは、設計の中核を支える機械系3次元CADです。製品形状を3次元で再現した立体モデルを作成しながら設計を行い、モデルを基にした検証や図面作成により、迅速な製品設計を実現します。SOLIDWORKSが選ばれる理由をご紹介します。
SOLIDWORKS コンフィギュレーションによる部品・アセンブリの設計効率化
SOLIDWORKSには、部品やアセンブリの形状の異なるバリエーションを効率よく作成する「コンフィギュレーション」機能があります。一つのドキュメント内に同一系統の派生部品やアセンブリを作成できるため、管理もしやすくなります。
SOLIDWORKS ルーティングライブラリを使ってみた
配管を含む設備や装置の設計を強力にサポートする「SOLIDWORKS Routing(ルーティング)」。すぐに使用可能な状態で配管設計に取りかかれる手軽さも魅力ということで、早速SOLIDWORKS ルーティングを使ってみました。
Windows 10でSOLIDWORKSを利用するメリット
Windows 7のサポート期間終了が2020年1月14日と迫ってきています。大塚商会ではWindows 10へのアップグレードをお勧めします。Windows 10でSOLIDWORKSを使用すると、操作・設計業務にどのような効果をもたらすのでしょう...
SOLIDWORKSのチェック機能で設計の問題をつぶそう
SOLIDWORKSは3次元モデルを用いて、設計形状をチェックするための豊富な機能が搭載されています。目視だけでは把握し切れない詳細なサイズや形状、設計の適正などを各種機能で正確にチェックすることで、迅速に設計内容を評価し、適切に設計を進められます。
SOLIDWORKS PCBのエレメカ協調で設計プロセスを簡素化
製品の小型化に伴い、PCB(プリント回路基板)設計は機械設計との関連が緊密に影響し合う状況で、部門間やデータのシームレスな連携が課題です。そこで、基板設計とメカ設計を連携した統合システム「SOLIDWORKS PCB」をご紹介します。
設計だけではない3Dデータの活用
3D CADは製造業設計部門に急速に広がり、多くの企業に導入・活用されています。しかしながら、3Dデータの活用は製品設計開発部門内に止まっているケースも少なくありません。SOLIDWORKSには、3Dデータの有効活用を促す各種ソリューションを備えてい...
レガシーデータの移行に役立つSOLIDWORKSの機能とは?
既存のCADから別のCADへ変更する場合や2次元から3次元設計環境へ切り替える場合、2次元図面データの移行方法や維持・管理は重要な項目です。SOLIDWORKSには、2次元および3次元データやレガシーデータをスムーズに移行できる機能が搭載されています...
SOLIDWORKS CAMでNCプログラムを作成する方法
SOLIDWORKS CAMとは、SOLIDWORKSに統合された2.5軸ミル加工と2軸旋盤加工用プログラミングのCAMアプリケーションです。SOLIDWORKS CAMでは、NCプログラミングを自動生成できます。今回はNCコード出力生成手順を含めた...
3DXpert for SOLIDWORKSがサブスクリプション特典で利用できるように
SOLIDWORKS World 2018にて、サブスクリプション契約の新たな特典として、3D SYSTEMS社の3Dプリント用ソフトウェア「3DXpert for SOLIDWORKS(スタンダードエディション)」が利用可能になると発表されました。
SOLIDWORKS 2019に実装予定の新機能とは?
SOLIDWORKS WORLD 2018のハイライトの一つ「スニークプレビュー」では、SOLIDWORKS 2019 TECHNOLOGY PREVIEW(新機能)が発表されました。SOLIDWORKS 2019にどのような新機能が搭載されるのかレ...
SOLIDWORKS WORLD 2018レポート -五つの新製品を発表-
2018年2月5~7日に米国ロサンゼルスで行われた、SOLIDWORKS WORLD 2018。SOLIDWORKS WORLD 2018で発表された、デスクトップとクラウドの二つの製品戦略をサポートする五つの新製品およびサービスについて、レポートを...
SOLIDWORKSのユーザーエクスペリエンスをあらためて考察してみる
設計者の作業効率に大きく影響するユーザーエクスペリエンスは、ソフトを選定する際の重要なポイントです。長年、使いやすさを追及してきたSOLIDWORKSのユーザーエクスペリエンスあらためて考察してみましょう。
SOLIDWORKS 2018はメッシュデータを直接編集できるように
SOLIDWORKS 2018は、形状編集ができなかったメッシュデータを直接編集できる「メッシュモデリング機能」を実装。メッシュデータに対し、グラフィックメッシュの表示やブーリアン演算、サーフェスの作成を行えます。
SOLIDWORKS 2018にトポロジー最適化が追加
3D CAD統合型CAEや3Dプリンターの普及により、トポロジー最適化に対応するソフトが増えてきました。「操作性の良さ」に定評のあるSOLIDWORKSにも、バージョン2018より、トポロジー最適化が追加されました。
SOLIDWORKS製品によるPMIの活用
SOLIDWORKSでは、「DimXpert」というPMI付き3次元モデル作成機能を標準搭載しています。DimXpertを使うと、製造上必要となる寸法・幾何公差を3次元モデル上に直接追加し、設計意図と仕様を伝えられます。
SOLIDWORKS WORLD Japan 2017探訪記
3Dモデルをフォトリアリスティックなイメージへと変換するSOLIDWORKS Visualizeが待望のGPU対応を果たし、飛躍的な高速化を達成。いよいよ実現する次世代の設計ワークフローをSOLIDWORKS WORLD Japan 2017で取材し...
設計から製造をテーマに進化したSOLIDWORKS 2018
SOLIDWORKS 2018は、お客様の要求に応えて開発された機能強化・改善項目があります。使いやすさを求めた既存機能の改善はもちろん、CADの新しい利用方法や3次元データの活用を推し進める機能が強化されています。
実はSOLIDWORKSはBIM連携も強化していた!
製造系3DCAD・SOLIDWORKSをBIMでも活用できることはご存じですか? 3次元モデルデータをBIMに対応させるには多くの手間がかかります。SOLIDWORKSはIFCやSATなどの建設で必要となるフォーマットに対応しているため、BIM連携で...
「SOLIDWORKS」の新機能がリアリティーショーに、次世代トップモデラーを目指せ
SOLIDWORKS World 2017の最終日、3DCADツールSOLIDWORKSの次期バージョン「SOLIDWORKS 2018」の新機能が発表された。四つのエコシステムに対応する新機能に加えて、次世代トップモデラー(トップモデルではない)を...
「SOLIDWORKS」と「xivley」でIoTデバイスのバーチャルツインを作り出す
ソリッドワークス・ジャパンは、年次イベント「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2016」に合わせて記者会見を開き、3次元CADツール「SOLIDWORKS」などによるIoTデバイス開発の手法を紹介した。
進化したSOLIDWORKS 2017 何がどう変わった?
SOLIDWORKS 2017は250項目におよぶ機能の強化・改善が行われています。使いやすさはもちろん、革新的な機能の追加により、従来バージョン以上に柔軟に利用できるようになりました。
他社ネイティブデータも直接開ける! SOLIDWORKS新機能「3D Interconnect」とは?
2016年11月15日より国内販売が開始されるSOLIDWORKS 2017。注目は3D Interconnectという他社のネイティブデータを変換せずに、直接SOLIDWORKSで開いて使用できる機能です。3D Interconnectを使用するメ...
SOLIDWORKS Visualize 簡易操作マニュアルを差し上げます!
写真品質のビジュアルコンテンツをできるSOLIDWORKS Visualize。SOLIDWORKSサブスクリプションに加入いただいているお客様は無償で利用できることをご存じですか? まだ使用していないお客様向けに、簡易操作マニュアルをご用意しました...
SOLIDWORKSのダウンロードコンテンツを使いこなせていますか?
SOLIDWORKSには、すぐに使える部品、フィーチャー、ライブラリデータなどのさまざまなコンテンツが用意されていることをご存知ですか? しかも、そのほとんどが無償もしくはサブスクリプション契約の締結でご利用いただけます。
情報量の多いアセンブリから正確に部品内容を把握するには?
3次元CADによる設計では、アセンブリに多数の構成要素を組み合わせて製品形状を再現するため、正確に部品内容を把握することは困難です。「サッと構成要素を知りたい!」そんな方に、SOLIDWORKSに搭載されている、部品表やテーブル機能をご紹介します。
SOLIDWORKSでできる設計モデルの最適化
SOLIDWORKSには、仕様や強度に配慮した設計モデルの最適化機能が搭載されています。形状検討の際に重要な強度維持や軽量化も、条件を満たした最適な形状を自動生成できるので、解析に不慣れなユーザーでも短時間で最適なモデルを作成できます。
製造コストダウンは設計者ではなくツールに任せてみませんか?
製造の知識・経験が乏しい設計者には、設計段階で製造コストを予想することは難しい問題です。SOLIDWORKSに搭載された「SOLIDWORKS Costing」は、作業中の設計データから自動で製造コストを見積りでき、形状などの変更も見積り結果へ即座に...
製品開発のカギを握る構想設計を効率化するソフトウェアとは?
フロントローディングにおいて、構想設計がQCDの7~8割を決定するといわれるほど重要なプロセスを担っています。その反面、フロントヘビーに陥りやすいプロセスでもあります。製品のDNAを決定する構想設計を効率化するソフトとは?
誕生から20年進化し続けたSOLIDWORKSは操作性に自信があり
CAD選定時に最も重視されるのが「使いやすさ」。SOLIDWORKSは競合他社と比べて、使いやすさで高い評価を得ています。初めてCADに触る方から操作に慣れたベテラン設計者まで、快適に利用いただけるよう進化したSOLIDWORKSの操作性をお確かめく...
SOLIDWORKS Industrial Designerで工業デザインの概念設計が変わる
SOLIDWORKS Industrial Designerは、アナログな概念設計を簡単にデジタル化できるので、製品開発の高速化が実現できます。フリーハンドの作図からデジタルモックアップをすばやく作成。設計情報の管理・共有機能で、多くのアイデアを無駄...
SOLIDWORKS VisualizeでCADデータから写真品質のコンテンツを作成
SOLIDWORKS Visualizeは、CADデータから写真品質のビジュアルコンテンツを簡単に作成できます。ドラッグ&ドロップで現実の製品を再現できる、専門家でなくても扱いやすいインターフェイスを実装。CADデータから作成できるコンテンツや機能を...
4K / 5Kディスプレイでの設計効率を上げるSOLIDWORKSの工夫
設計者にとって高解像度ディスプレイは、美しく大画面というだけでなく、使い方次第で設計の効率化やクオリティ向上も期待できます! SOLIDWORKSには4K / 5Kディスプレイで快適に作業できる工夫がなされています。その工夫とは…?
2016年から始まるオンラインサービス「MySolidWorks」を先取り!
2016年より日本国内市場に展開すると発表したMySolidWorks。MySolidWorksはSOLIDWORKSに関連する情報の検索機能やコミュニティ・ナレッジなどの各種コンテンツを一つのサイトに集約したオンラインサービスです。
「イノベーションプラットフォームに育て上げる」SOLIDWORKSの将来展望
ソリッドワークス・ジャパンは、年次ユーザーイベント「SOLIDWORKS WORLD JAPAN 2015」の開催に併せ、「SOLIDWORKS」ブランドの最高経営責任者であるジャン・パオロ・バッシ氏を迎え、記者説明会を開催。SOLIDWORKSの近...
最新OS Windows 10でSOLIDWORKSを使ってみた
SOLIDWORKS 2015 SP5以降とSOLIDWORKS 2016がWindows 10に対応しています。最新のOSやSOLIDWORKSを使用すると、操作・設計業務にどのような効果をもたらすのでしょうか?
SOLIDWORKS 2016 新機能ガイド
新しいバージョンごとに多くの強化が行われているSOLIDWORKS。誕生から20年、24回目のリリースとなるSOLIDWORKS 2016でも、およそ240項目におよぶ機能強化や改善が行われています。SOLIDWORKS 2016に搭載された新機能や...
目指せ設計効率化!4KディスプレイでCAD操作が楽に
国内ディスプレイ市場は解像度がフルHDの縦横2倍となる4Kモデルが台頭してきました。この4Kディスプレイを実際にCADで使ってみると、ウィンドウの切り替えやスクロール回数の軽減、マルチタスクを快適に実行できるなど設計業務が楽になります。
SOLIDWORKS 2015から3Dプリンターへ直接印刷可能に
SOLIDWORKSで作成したモデルを3Dプリンターで造形する場合、SOLIDWORKSから出力されたSTLファイルをスライスソフトウェアを使用してスライシングデータを作成し、3Dプリンターで造形します。それがWindows 8.1のOS環境であれば...
SOLIDWORKS MBDで2次元図面レスのものづくりを実現
3次元による設計が普及してきた今でも製造工程では2次元図面が必要とされています。SolidWorks社からリリースされたSOLIDWORKS MBDで3次元モデルを作成すると、図面と同じような情報(モデルの表示状態、角度、PMIの表示状態など)を確認...
適切なライセンス管理でSOLIDWORKSを有効活用するコツ
SOLIDWORKSには、二つのライセンス形態(スタンドアロンライセンスとネットワークライセンス)とさまざまな管理機能があります。これらをうまく活用し管理することで、余剰ライセンスを省き、コストダウンにつながります。
SOLIDWORKS 2015は簡単操作でアセンブリツリーを一発作成
新規製品の設計を開始する際、設計の初期段階ではプロジェクトリーダーにより構成を再現するアセンブリ作成が行われます。この時、製品を構成するユニットや部品に合わせて新規にアセンブリ・部品を作成しますが、大規模な製品の設計では多くのファイルが必要になり、製...
概念設計が変わる!SOLIDWORKS Mechanical Conceptual
製品の価値を決める概念設計では、非常に多くの人員と工数が関与しています。現状では、紙やホワイトボードによるポンチ絵などの非デジタル媒体で検討しており、評価・共有・管理・設計への展開が困難になっています。このような課題を解決するために、概念設計に最適な...
2次元設計の落とし穴~2次元CADを使い続けるリスク~
近年、多くの現場で3次元CADが導入されています。しかし、今なお2次元CADによる設計を行っている企業は少なくありません。「3次元の必要性を感じない」との理由が主ですが、実は2次元での設計は大きな損失を招く可能性が秘められています。
SOLIDWORKS搭載のTolAnalystで公差解析を極める!
過去の設計の値をそのまま使用したり勘や経験を基に公差を設定していませんか?SOLIDWORKSに搭載されている「TolAnalyst」なら、公差による製品への影響を評価しながらコストと品質に配慮した適切な設定を導き出すことができます。
SOLIDWORKSのデータ互換機能をご存じですか?
設計現場では、異機種CADのネイティブデータや中間フォーマットデータの受け渡しが発生するため、さまざまなデータ形式を取り扱います。SOLIDWORKSは豊富なデータ形式に対応するだけでなく、取り込んだデータの問題を検証する機能や品質チェック機能などを...
SOLIDWORKS Inspectionで検査表作成の煩わしさから解放
SOLIDWORKSブランドからリリースされた「SOLIDWORKS Inspection」は検査表の作成時間を劇的に短縮します。どのくらい短縮できるのかは・・・本トピックスでご確認ください。
2次元ユーザーでも乗り換え簡単!SOLIDWORKS初心者向け機能
「2次元設計から3次元CADへの移行は難しい」「本当に3次元で設計できるのか?」とお考えの方に朗報!SOLIDWORKSには、初めて3次元CADを使うユーザーでも効率的に設計を進められる機能が搭載されています。
類似部品を一発で検索!3DPartFinder for SolidWorks
既存部品と似たような部品を一から設計している・・・なんてことはありませんか?そんな方に、指定した部品と類似する形状を検索できるSOLIDWORKSアドインツール「3DPartFinder for SolidWorks」をご紹介します。
3次元で製品の動きを簡単再現!SolidWorksアニメーション機能
SolidWorksには作成した3次元モデルを動かすアニメーションを定義する機能が搭載されています。モデルを回転させたり移動するといったシンプルな動きだけでなく、モデルの分解工程を再現したアニメーションやアセンブリモデルを実際の製品のように動かした様...
SolidWorks 2014 板金加工形状に対応した[板金リブ]機能
SolidWorks 2014では[板金加工形状に対応した[板金リブ]機能とオプションの追加されました。板金機能の一つ[ロフトベンド]では「ファセットオプション」が新たに追加され、指定したファセット値を基にベンドを作成し、ロフト形状のコーナー部分を再...
SolidWorks 2014 簡易コスト計算
SolidWorks 2014では加工形状をフィーチャーで認識するため、非常に詳細なテンプレート設定が必要だったCostingでは、より簡単に、簡易的なコスト計算ができるよう改善されました。
SolidWorks拡張機能「CAL」で板金加工検証がここまでできる
板金製品の製造工程では、干渉や曲げ加工の配慮が必要になります。そのため、精密な形状や特有の加工を再現する設計システムと製造工程での合否を検証する機能が求められます。SolidWorksの拡張機能「板金加工検討機能 CAL」を活用してみてはいかがでしょ...
SolidWorks別売りソフト「GW3Dfeatures」で自由曲面を描こう
複雑な自由形状をSolidWorksで作成するのは大変・・・と感じていませんか?SolidWorks別売りソフト「GW3Dfeatures」拡張機能を使用すると、標準機能だけでは難しかった滑らかな曲線やサーフェスの作成ができます。設計以外のデザイン部...
3Dプリンタと相性が良いCADソフトはSolidWorksだ!
注目の3Dプリンタをフル活用するには適したCADの選定が必要です。SolidWorksには造形時のエラーをサポートする機能が搭載されています。試作品の「時短」を叶える3Dプリンタのご相談やCADソフトの選定はお気軽にご相談ください。
設計中の煩わしさから解放するSolidWorks編集機能
3次元CAD設計は直接製品形状を描いていく2次元設計とは異なり、さまざまなスケッチ・フィーチャーに変更を加えながら試行錯誤し、設計を進めていくため難しいとお考えの方も多いかと思います。 しかし、SolidWorksには設計上必要となる編集操作を効率的...
SolidWorksでマシンへの負荷を抑えた設計を
SolidWorksには大規模ファイルでも快適な操作を可能にする各種機能が備わっています。部品、アセンブリ、図面の視点からマシンへの負荷を抑える方法をご紹介します。
アセンブリ作成を効率化させるSolidWorks機能
製造業で作成される製品は日々進化しており、製品構造はより複雑になってきています。膨大な数の部品を追加・配置作業や複雑な構造のため、干渉を起こさず設計を進めることがより困難になります。SolidWorksに搭載されたアセンブリ作成機能を活用することで、...
SolidWorks管理者用機能が作業効率アップの近道
SolidWorksの管理者用機能をご存じですか?インストール/アンインストールの自動実行やライセンス情報の把握が簡単に行え、効率的な作業や管理を行うための近道です。
SolidWorksの既存データを活用した効率的な流用設計とは
過去の製品データに修正を加え新規製品データを設計する流用設計は、ゼロから開発するよりも少ない工数で構築できるため、細部のマイナーチェンジには適しています。大規模な変更がある場合には、SolidWorksのデータ活用機能をお勧めします。
膨大な設計データ管理にSolidWorksファイルプロパティを活用
SolidWorksでは作成したファイルに詳細情報や属性情報をファイルプロパティという形で登録することができます。モデル・図面だけでは分からない情報をプロパティにより把握できるため、より効率的にデータを扱うことができます。
ソリッドデータを活用したSolidWorksによる金型設計
製品設計で3次元CADにより作成されたソリッドデータを金型設計で有効活用されていない場合があります。それは、異機種CAD間でのインポート時の問題やソリッドデータを活用した場合の効果に対する認識が不足しているためと考えられます。
2次元ではできないマルチボディ設計をSolidWorksで実現
SolidWorksでは1部品上に複数のボディを作成、ボディを分割するといった操作によりマルチボディを構築することができるメリットがあります。このマルチボディを効果的に活用するための機能をご紹介します。
SolidWorks CAD Admin Dashboardでマシン情報を一元管理
SolidWorks CAD Admin Dashboardは社内の各コンピューターのSolidWorks情報やハードウェア情報などを一元管理する管理者向けのオンラインツールです。各コンピュータがどのような状態にあるのか一発で把握できます。
SolidWorksを設計以外に活用!3次元データを用いたプレゼンテーション
3次元CADの視覚化による利点を活用することで、設計の効率化に留まらず、幅広い範囲での業務効率化を果たすことができます。SolidWorksには効果的なプレゼンテーションを可能にするさまざまな機能が搭載されています。
手軽で使いやすいSolidWorksの形状操作
近年の3次元CADの特長として、モデリング作成の履歴がなくダイレクトに形状を変更することができるダイレクトモデリングの機能が搭載されてきています。SolidWorksはパラメトリックモデリングでありながらも、この機能が搭載されています。
SolidWorks〔Costing〕コスト 見積り機能で製造コストを抑制
SolidWorks2012より搭載された〔Costing〕では3次元モデルから製造に必要なコスト見積りを行うことが可能になります。SolidWorksの部品モデルに対してコマンドを実行し、タスクパネル上でテンプレートの指定、材料の選択などの設定を定...
SolidWorksでできる設定のカスタマイズ
SolidWorksでは、企業やグループの使用に合わせた設定やユーザの使いやすさを向上させるためのカスタマイズ可能な機能が多数搭載されています。カスタマイズすることにより、効果的に作業効率や操作性を向上させることができます。
SolidWorksを使用した無線機器製品の設計効率化
電話回線による連絡が不能な状態でも無線機器による通信は可能だったため、ものづくりの中で無線機器業界は大きな注目を集める市場の一つとなっています。
SolidWorksを使用した設備機械の設計効率化
設備機械の設計には高品質、低コストかつ自然災害に対する対策などの安全性に考慮する必要があり、今まで以上に高い水準を求められます。効率的な設計を可能にするSolidWorksをご紹介します。
需要の高まるユニバーサルデザイン製品をSolidWorksで効率的に設計
これからの社会に求められる付加価値として製品に「使いやすさ」を求めるユニバーサルデザインのものづくりがあります。効率的なユニバーサルデザインのものづくりについてご紹介します。
SolidWorksを使用した災害対策製品の設計効率化
災害対策製品の需要急増により競争の激化しているいま、SolidWorksによる効率的な設計が求められています。
複雑な自由曲面も容易に作成できるSolidWorksのサーフェス機能
SolidWorksは高精度で豊富なサーフェス機能を装備しています。サーフェス機能の特徴や使い方までご紹介します。
ハイエンドCADからSolidWorksへの移行のご提案
コストダウン対策には、システム導入コストだけでなく、その後のランニングコストも含めて評価したTCOを考慮して見直すことが重要です。機能的にハイエンドCADと大差なく保守料金など維持費の少ないSolidWorksをご紹介します。
CircuitWorksによる電気系CADとの協調設計
CADの性質の違いから互いの情報を把握・確認することができなかった電気・機械の設計業務・・・CircuitWorksなら異機種CAD間の問題を解消し、エンジニア間のコミュニケーション速度を向上することができます。
大規模アセンブリデータの処理機能に優れている3次元CAD SolidWorks
SolidWorks機能を活用した読み込み情報の制限と形状簡略化することで、効率のよい作業を可能にし、業務に集中することができるようになります。
SolidWorks Design Checkerによる設計基準チェック
SolidWorks Design Checkerを使用すると、効率的に検図作業やモデルの評価を行うことができ、作業工数を削減することができます。
iPadでSolidWorksデータを活用してみました!
iPadを利用して設計データや技術情報を効率良く活用してみませんか?プレゼンテーションやデザインレビューに手軽に使用でき、活躍の幅が広がります。
SolidWorks図面をさらに効率よく作成できるようになりました
SolidWorks最新バージョンにより追加・強化された機能でさらにすばやい図面作成が可能になりました。
再生可能エネルギー装置開発におけるSolidWorksの導入効果
「再生可能エネルギー」を用いた発電技術が注目を集めており、いまや多くの企業がクリーンエネルギーを活用した装置開発に参入し始めています。激化する競争を生き抜くために、SolidWorksで業務改善をしませんか?
既存の2次元図面データの活用に必須!図面情報のインポート機能を持つSolidWorks連携 for FXII
CADSUPER FXIIに搭載されている「SolidWorks連携」は、既存の2次元図面データから3次元モデルを作成し、作成作業効率の向上が図れます。
コンフィギュレータ機能を活用した効率的な自動設計環境
製品データを自動構築するコンフィギュレーターツール「TactonWorks」は、設計者自身が手動で行っていた製品データの自動作成を行い、設計者の負担を大幅に軽減することができます。
バーチャルマシン検証による電気制御設計の効率化
プログラムテストを行う際には実際の機械を用いて行わなければならず、業務効率を向上させる大きな障害となっています。SolidWorksとSMASHで気軽にプログラムテストが行えるようになります。
[動画配信] Webで視聴!SolidWorks Solution Seminar 2011
2011年4月に『SolidWorks Solution Seminar 2011TOKYO』が東京・大塚商会本社ビルにて開催されました。その中から製造業のお客様にSolidWorksをより有効にご活用いただくためのセミナーを動画で配信致します。
SolidWorks2009 ワークステーションパフォーマンステスト
SolidWorks2008より対応しているVertex Buffer Object(以下、VBOとする)を設定し、3台のワークステーションと代表的な2種類のグラフィックスボードを組み合わせて、 SolidWorks2009のパフォーマンスを計測しま...
デスクトップの拡張で効率向上を!
物理的にデスクトップを拡張し作業領域を広くすることで複数のウィンドウを同時に表示させ作業負担の軽減を促進できます。 またSolidWorks2009ではデスクトップ拡張を支援する機能が新たに追加されました。
SolidWorks関係式の有効活用
SolidWorksではモデリングを行う上でスケッチやフィーチャーに対して様々なパラメータを設定します。 このパラメータに対して直接数値を指定するのではなく、数学的な式を割り当ててパラメータの値を決定する機能が関係式になります。変数を指定した関係式や...
SolidWorksデータを用いて効果的なプレゼンテーションを!
2次元データとは異なり、3次元CADでは設計した製品形状をそのまま3次元で再現している為、製品の完成形状を視覚的にとらえることが可能です。従って、SolidWorksで作成された3次元データを使用して、効果的なプレゼンテーションをすることができます。
SolidWorks2011で設計するEV充電システム
地球環境の変化が危機的状況に直面している現在、企業活動から生まれるライフサイクル全体における製品の環境負荷削減に貢献していくことが企業に求められています。
Defeature機能による簡略化形状の作成
SolidWorks2011から簡略化形状を作成するための機能として、Defeature機能が新たに搭載されました。
LED照明業界へのSolidWorks活用提案
かつて電球・蛍光灯がメインだった照明機器は青色LEDの登場により、LEDライトを用いた新たな照明機器として開発が進み、今では多くの企業が参入する市場へと変化しています。
インボリュートギア作成ツール 3DGear-I for SolidWorks
ギア部品は動力が必要となるあらゆる製品の動力伝達に使用され、幅広い製品に必要とされる機械要素の一つです。ギア部品の設計は、多くの製造業で最も必要とされる製造工程になります。ギアモデルを効率的に作成できれば製品の生産性が向上されます。
SolidWorksルーティングライブラリ
3次元配管・配線設計ツールである SolidWorks Routing を使用することで、配管を含む設備やチューブを含む装置の設計などを強力にサポートします。SWルーティングライブラリは、配管設計において必要となる部品として、JIS工業規格部品をはじ...
設計変更に伴う設計ミスが無くなるSolidworksのセンサー機能とは?
SolidWorksには、部品やアセンブリでの特定のプロパティを監視し、指定された制限値から値が外れると警告を表示するセンサー機能が用意されています。設計変更した場合、重量が設計目標値をオーバーしたり、設計上必要な寸法値が保持されなくなる場合がありま...
PhotoView360のご紹介
SolidWorksの3次元CADデータをデザインレビューに使用している企業が増えていますが、3次元CADデータだけでは実際のイメージがわかない、設計意図が明確に伝わらない場合があります。PhotoView360を使用すれば、そのような問題を解決する...
SolidWorks Toolbox 機能のご紹介
SolidWorks ToolboxはSolidWorks Professional、SolidWorks Premiumにパッケージされるアドイン機能です。
SolidWorksによる環境配慮設計 SolidWorks Sustainability
世界的に環境危機となっている現在、世間の環境への関心は年々高まっており、個人も企業も、製品の環境への配慮を基に購入決定を下すようになっています。
もっとiPadでSolidWorksデータを活用してみました!
iPadにSolidWorksデータから作成された図面などの画像や機構等の動画を保存して持ち歩けば、お客様との会議やプレゼンテーション、または、社内でのデザインレビューや打合せに、手軽に利用することができます。
SolidWorks Xpress製品でどんなことができるか
SolidWorks Standardには設計・製造支援ツールの機能抜粋版としてXpress製品がバンドルされています。
SolidWorksの図面作成機能は、2次元CADをも凌駕する!
SolidWorksでの図面作成は3次元モデルの活用と連携で、図面作成にかかる工数を大幅減します。
SolidWorks関連マルチコア対応状況
SolidWorks関連のマルチコア対応状況をレポートします。
SolidWorksのScanTo3D機能による効率的な3Dモデル作成手法
企業において、3次元設計によるモデルの有効活用により、コスト削減や納期の短縮を実現することができますが、その3次元モデルをいかに効率よく作成するかが重要なカギとなってきます。
設計に集中できる時間を増やすSolidworksのSWIFT機能とは?
SWIFT機能は、設計中の様々な問題を診断解決し、時間のかかる細かな作業を自動化することで、修正時間を減らします!
SolidWorks Routingを使用した配線設計効率化
SolidWorks Routingの機能を活用することで、アセンブリ内のコネクタやターミナル部品を繋ぐケーブル/ワイヤ-モデルを効率的に作成することが可能です。
サステナブルデザインの新潮流~SolidWorksによる環境配慮設計~
世界的に環境危機となっている今、世間の環境への関心は年々高まっています。製品製造のライフサイクルにおいて、環境へ多大な影響を与える製造業には、その企業活動から環境負荷削減に貢献していくことが社会的責任として求められています。
SolidWorks Routingを使用した配管設計効率化
SolidWorks Routing は、電気配線ケーブル、配管、チューブといったルート形状モデルのための設計支援ツールです。
3次元CADのデータ互換に必要になる こんなに使える FeatureWorks !
インポートデータを修正する。金型の為に抜き勾配を付けたい。穴の形状を変えたい、大きさを変えたい・・・ほとんどの3次元はNGですが、それが解決できるのがSolidWorksの強みの一部です。

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP