• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SOLIDWORKS 2018はメッシュデータを直接編集できるように

ソリッドやサーフェスに変換する必要なし!

3Dプリンターのような付加技術によって、設計現場においても3Dスキャンや3Dプリントに使用されるデータにメッシュファイルを扱う機会が増えてきました。しかし、従来の3D CADで読み込んだメッシュデータは、ソリッドモデリングの機能を用いて形状編集ができませんでした。そこで、SOLIDWORKS 2018は、メッシュモデリング機能を実装し、メッシュデータに対し、直接編集ができるようにしました。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

SOLIDWORKSにメッシュファイルをインポート

SOLIDWORKSは幅広い形式のメッシュファイル(.stl、.obj、.off、.ply、.ply2、.amf、.3mf)をサポートしています。SOLIDWORKSにメッシュファイルをインポートすると、グラフィックボディとしてインポートされます。

グラフィックボディの特徴は、ファセットと呼ばれる三角形で構成されます。表示のみで編集はできませんが、外観の適用や断面表示、質量特性表示できるため、SOLIDWORKS内でメッシュジオメトリを明確に可視化すれば、詳細を把握できます。

グラフィックボディの表示

メッシュボディに変換後、直接編集を始められる

従来、SOLIDWORKSでメッシュデータを変更するには、最初にソリッドまたはサーフェスボディに変換する必要があり、時間のかかるプロセスを必要としました。

SOLIDWORKS 2018では、メッシュボディと呼ばれる新しいメッシュボディタイプと機能により、従来のソリッドボディやインポートしたグラフィックボディを「メッシュボディ」に変換します。メッシュボディに変換後、グラフィックメッシュの表示やブーリアン演算、サーフェスの作成を直接編集できます。

グラフィックメッシュの表示

グラフィックメッシュに材料のテクスチャとRealViewの外観を適用できます。また、グラフィックの断面も表示できます。

銅のテクスチャを適用した場合

グラフィック断面表示

作成したメッシュボディ同士でのブーリアン演算

メッシュボディ同士を組み合わせて、ブーリアン演算を実行。メッシュボディを用途に合わせて自由に形状変更できます。

ブーリアン演算

メッシュデータからサーフェスを作成

メッシュデータからファセットを参照して、サーフェスを生成できます。サーフェスをモデリングやアセンブリ合致などに利用できます。

メッシュデータからサーフェスを作成し、アセンブリ合致に利用できる

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

メッシュデータを直接編集!
メッシュモデリング機能のご紹介(SOLIDWORKS 2018新機能)

主な内容
  • 設計でメッシュデータを活用
  • メッシュボディで利用可能な機能
  • 主な使用例

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP