• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SOLIDWORKSのチェック機能で設計の問題をつぶそう

SOLIDWORKSで事前にチェックして後工程を楽にしよう!

3次元CADでは、CAD上で実製品と同じように形状を評価できる機能が備わっています。

中でもSOLIDWORKSは3次元モデルを用いて、設計形状をチェックするための豊富な機能が搭載されています。目視だけでは把握し切れない詳細なサイズや形状、設計の適正などを各種機能で正確にチェックすることで、迅速に設計内容を評価し、適切に設計を進められます。

それでは、SOLIDWORKSにどんなチェック機能が備わっているのかを確認していきましょう。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

モデルの詳細形状や品質に関わる要素のチェック

モデル上要素の測定

モデルの点、エッジ、面を選択することで要素間の距離や角度、面の外周や面積を測定します。

表示(質量・断面)

質量を表示する質量特性では、部品・アセンブリを基に質量、体積、表面積、重心、慣性モーメントなどの情報を出力します。

内部を表示する断面表示では、面を基準にモデルをカットし、断面形状を表示します。

質量特性による質量の表示

微小要素を検索するジオメトリ分析

ほかのシステムで問題を起こす原因と成り得る、微小エッジ、微小面などを検出します。

モデルを比較して変更内容をチェック

比較機能では、変更前・後などの二つのファイルを指定して、二つのファイルの差異を検出します。第三者が変更した場合もどのような変更が行われたのかを簡単に把握できます。

ドキュメントの比較

ファイルのプロパティ、質量値を比較することができます。

ジオメトリの比較

ソリッド、面レベルでモデルを比較し、追加、削除された領域を色で表示します。

アセンブリを用いた設計の適正チェック

干渉部位を検出する(干渉チェック)

アセンブリ内で部品同士の干渉の有無を検証します。

そのほか、SOLIDWORKSにはアセンブリの適性をチェックする次の機能を備えています。

  • クリアランスチェック:部品に必要なクリアランスの有無をチェック。
  • アセンブリ可視化:質量やコストなど、指定した条件で構成部品をソートし、色分け表示。
  • 穴整列:アセンブリ内で許容値を超える範囲でズレが生じている穴を検出。

モデル面の状態を視覚化

隣接面の角度を表示する偏差分析

エッジを基に両面の角度を表示し、角度の遷移を分析します。

面の勾配をチェック抜き勾配分析

面に対して型から抜き取るための勾配の有無を検証します。

曲率を視覚化する曲率コーム

モデル面や曲線に対して曲率を表すコームを表示します。

面の接続を判別ゼブラストライプ

モデルを面の接続状態を判断できるゼブラストライプで表示します。

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

SOLIDWORKSの評価・チェック機能

主な内容
  • アセンブリのチェック機能
  • モデル面の分析機能
  • 設計データの評価/チェック機能 など

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP