• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SOLIDWORKSの基本を理解しよう!

これからSOLIDWORKSを使う方に向けて、魅力をご紹介

SOLIDWORKSとは、設計の中核を支える機械系3次元CADです。製品形状を3次元で再現した立体モデルを作成しながら設計を行い、モデルを基にした検証や図面作成により、迅速な製品設計を実現します。

そんなSOLIDWORKSが選ばれるには理由があります。SOLIDWORKSの持つ設計に便利な機能と操作性をご紹介します。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

どんなことに注目して3次元CADを選びますか?

皆さん、3次元CADを購入するとき、どんなことに注目して選ぶでしょうか?

  • 自社製品の設計に必要な機能があるか(曲面形状、板金の作成、解析による検証など)?
  • 誰でも簡単に設計できるのか? 導入や習得に工数がかからないか?
  • 市場や業界の評価、普及率はどうか?
  • 価格はいくらか?

このようなCADの選定項目としてよく挙げられる項目をSOLIDWORKSは満たしています。

SOLIDWORKSが選ばれる理由

SOLIDWORKSが選ばれる理由として次のような声を頂きます。そのため、SOLIDWORKSは3次元CAD市場におけるシェア40%以上の実績があります。

  • 導入実績による市場や業界からの高い評価。
  • 機能性や操作性を徹底的に追及しているから。
  • ユーザーの要望を反映させた機能の追加や強化をバージョンごとに実施。
  • 豊富なパートナー製品やカスタムツールに対応。
  • 低価格。

テクノリサーチ社2017年度版より抜粋

SOLIDWORKSが持つ機能と操作性

SOLIDWORKSは、ヒストリー型CADとしての豊富なモデリング機能と柔軟な操作性を搭載しており、初心者からベテランまで設計しやすい環境をご提供します。

それでは、SOLIDWORKSが持つ設計の各工程(部品・アセンブリ・図面の作成)で使う機能と操作性を見ていきましょう。

フィーチャーベースモデリング

部品を作る場合、SOLIDWORKSでは2次元スケッチを基に、形状を構成する要素「フィーチャー」を使ってソリッドを作成していきます。押し出しや回転、ラウンド加工をするフィレットなど各種フィーチャーを組み合わせて、任意の形状を設計していきます。

使用したフィーチャーは、SOLIDWORKS独自のFeatureManagerデザインツリーに時系列で表示されます。ツリー上に履歴が残るため、手順や意図を確認しながら設計を進められます。

パラメトリックな形状変更・直感的なモデリング操作

モデルの形状はスケッチ、フィーチャーで定義したパラメーターを変更することで修正できます。数値の入力やマウス操作によりダイレクトにパラメーターを変更しながら形状を修正可能です。

数値の入力でパラメーターを変更

ダイレクトにパラメーターを変更

既存資産を利用したモデリング

DWG・DXFなど2次元CADで設計された設計データを部品のスケッチとして取り込み、過去図面に合わせて3次元形状を設計できます。

取り込んだ図面形状をスケッチとして配置して既存データをモデリングに活用

ファイル間の参照関係

アセンブリや図面は多くの情報で構成されます。SOLIDWORKSでは、参照関係にあるファイル同士は一方のファイル上で行った設計変更が自動的に反映されます。設計変更が生じた場合は部品を編集するだけでアセンブリ、図面にも自動的に変更が反映されるため、修正作業のミスを抑制し、短時間で設計を行えます。

図面を書き直す手間がなく、すばやい修正が可能

ネイティブ・中間データの直接利用

サードパーティ製ネイティブ・中間データをそのまま読み込み、SOLIDWORKSファイルと同様に扱えます。オリジナルデータの変更反映やフィーチャー作成による形状変更にも対応しており、変換の手間を解消したデータ利用が可能です。

受注先やサプライヤーから受け取った形式の異なるデータを変換せずに、構成部品として挿入してアセンブリを構築できる

少ないマウス操作でコマンドアクセス

コマンド実行時の操作を高速化するための機能が豊富に用意されています。カスタマイズすれば、よく使うコマンドへすばやくアクセスできます。

ショートカット:キーボード「S」をクリックすると、カーソル付近にコマンドダイアログを表示

マウスジェスチャー:右クリックしながらカーソルを少し移動するとカーソル周囲にサークル状にコマンドを表示

状況依存ツールバー:画面で選択した要素に応じて、よく使うコマンドが表示、スケッチ拘束やアセンブリ合致も定義可能。

選択階層リンク:選択した要素が属する要素(フィーチャー・ボディ・部品・サブアセンブリ)をコンテキスト表示

豊富なヘルプ・チュートリアル

SOLIDWORKS初心者の方でも短時間で操作を習得できるサポートがあります。

  • 目次や検索タブから該当機能に関する詳細を確認できるヘルプ。
  • サンプルを基に操作を学習できるチュートリアル。
  • ビデオを見ながら自習できるオンライントレーニング。

SOLIDWORKSは機能別に三つのパッケージから選べます

SOLIDWORKSは、搭載されている機能別に三つのパッケージからお選びいただけます。

SOLIDWORKS Standard

部品、アセンブリ、図面を作成する3次元CADとしての基本的な設計機能を搭載。ソリッド・サーフェス、板金、金型製品設計、バリエーション作成、他社製データの直接利用、干渉などチェック機能、部品へのPMI(製品製造情報)追加機能などを利用できます。

SOLIDWORKS Standard 製品情報

SOLIDWORKS Professional

Standard版に加え、データ管理やビジュアリゼーション、標準部品ライブラリ、電気系CADとの連携機能、部品のコスト計算、公差解析、スキャンデータの利用、タスクスケジューラーなどを利用できます。

SOLIDWORKS Professional 製品情報

SOLIDWORKS Premium

Professional版に加え、配管・配線設計ツール、構造解析、機構解析、アセンブリのコスト計算、環境影響への評価などを利用できます。

SOLIDWORKS Premium 製品情報

お知らせ

関連機能を実機で学べます!各種スクールのお知らせ

SOLIDWORKSスクール

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

SOLIDWORKSの基本を理解しよう!
~SOLIDWORKS初心者の方へ~

主な内容
  • SOLIDWORKSと3次元CADの概要
  • 3次元を活用した機能
  • SOLIDWORKSのパッケージ

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP