• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

データ互換性に柔軟に対応できるCAD「SOLIDWORKS」

DXF、DWG、STL… ものづくりの過程ではさまざまなデータ形式を必要とします

ものづくりの過程では、工程や事業所、部門、外注先企業ごとに異なるCAD・システムを使用しています。そのため、CAD・システムには多様なデータ形式に対応したインポート・エクスポート機能が必要です。

その点に長けているCADがSOLIDWORKSです。SOLIDWORKSは他社製CADデータや中間ファイルを変換せずに直接読み込めたり、データ互換上の問題を未然に防ぐ品質チェックをし、問題のあるインポートデータを自動で修復したりする機能が備わっています。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

インポート/エクスポートはSOLIDWORKS上から!

SOLIDWORKSは主要3次元CADネイティブデータや各種中間フォーマットのインポート/エクスポートに対応しています。SOLIDWORKS上の「開く」「保存」メニューボタンから簡単にインポート/エクスポートが始まるため、トランスレーターを用意する必要はありません。

  部品 アセンブリ
インポート エクスポート インポート エクスポート
3D XML    
ACIS
Adobe Illustrator  
Adobe Photoshop
Adobe PDF    
Autodesk Inventor    
CADKEY    
CATIA Graphics
CATIA V5※1    
DXF / DWG      
DXF 3D      
eDrawings    
高圧縮グラフィック    
HCG        
HOOPS    
IDF 2.0、 3.0
(CircuitWorks Lite)
     
IDF 2.0、 3.0、 4.0
(CircuitWorks)
 
IFC
IGES
JPEG    
Mechanical Desktop    
PADS (*.asc)
(CircuitWorks)
 
Parasolid
PDF(P)    
Pro/ENGINEER
ProStep EDMD(*.idx)
(CircuitWorks)
 
Rhino      
ScanTo3D    
Solid Edge    
STEP
STL
TIFF
Unigraphics    
VDAFS    
ビューポイント    
VRML
XPS    

※1 CATIA V5 Tanslatorは別製品。

他社製CADネイティブデータを直接利用可能な3D Interconnect

3D Interconnectを使うと、他社製CADネイティブデータを変換せずに直接読み込み、SOLIDWORKSファイルと同様に扱えます。ジオメトリ情報だけでなく、他社製CADネイティブデータに含まれるユーザー定義プロパティもSOLIDWORKSのファイルプロパティとして読み込めるため、部品表作成にもご利用いただけます。

他社製ネイティブデータに対して、SOLIDWORKSフィーチャーを追加できます。オリジナルデータへのリンクを保持しているため、元のネイティブデータに変更が生じた場合でも変更内容が反映されます。

もし、オリジナルデータの変更反映が不要になった場合は、リンクを解除すると通常のインポートデータに変換してご利用いただけます。

オリジナルデータの変更にも追従する

SOLIDWORKSのデータ品質チェックおよび修正機能

インポートデータのチェック・修復機能

SOLIDWORKSにインポートしたデータに対して、ソリッドを構築するうえで問題となる「不正な面」や「隙間」の有無をインポート診断により検証し、自動で修復します。

インポート診断による問題分析・修正

手動によるデータの修正を可能にする多彩なサーフェス機能

インポートデータの状況に応じて、手動修正作業が必要になる場合があります。SOLIDWORKSの豊富なサーフェス機能を用いるとデータ修正に対応できます。

豊富なサーフェス機能で柔軟にインポートモデルの修正

データの品質に配慮したチェック機能

エンティティチェックやジオメトリ分析機能では、SOLIDWORKS上のデータに対してCADデータの品質(PDQ)に影響を及ぼす「微小なエッジ・面」「鋭利な頂点」を自動で検索できます。CADデータを他システムで使用する際、事前に品質をチェックしておくことで、エラーの起こりにくいデータを作成できます。

インポートボディをフィーチャー化するFeatureWorks

インポートしたデータはフィーチャー・履歴を持たないインポートボディとして認識されるため形状変更が難しくなります。

SOLIDWORKSでは、FeatureWorks機能を用いることでインポートボディの各形状を認識し、フィーチャー化します。インポートデータでも変更したい部位をSOLIDWORKSフィーチャーと同様に、スケッチ編集やパラメーター変更し簡単に編集できます。

SOLIDWORKSでフィーチャーの編集や抑制が可能

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

マルチCADデータ活用に最適なCADシステム
SOLIDWORKSのデータ互換機能

主な内容
  • SOLIDWORKSインポート・エクスポート機能
  • SOLIDWORKS 3D Interconnect機能
  • インポートデータ活用機能 など

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP