• トピックス
  • 製品情報
  • 導入事例
  • スクール
  • コンサルティング
  • お客様サポート

SOLIDWORKSの利活用による人手不足対策

製造業が直面する課題「人手不足」をどう乗り切るか?

日本のものづくり産業は経済の堅調さの回復に伴い、受注が増加し、人手不足が顕在化しています。人材確保や新規採用が主要課題となる中で、デジタル化、IoTの進展、AIの登場・普及に伴う「第四次産業革命」への取り組みも注視する必要があります。

生産性の高い現場力を実現するには、デジタルツールの利活用による合理化は不可欠といえるでしょう。中でもSOLIDWORKSを利活用すると、3次元データに基づく的確な設計判断や自動化などの生産性の向上を図れます。人手不足を補うだけでなく、付加価値の高い業務へのシフトも可能です。

この記事を詳しく解説した資料(無料)があります

日本のものづくり産業が直面する主要課題

「ものづくり白書」では、日本のものづくり産業が直面する主要課題として、次のように取り上げています。

  • 人材確保に関しては、9割超が課題と認識し、約3割がビジネスにも影響が出ている。
  • デジタル人材に関しては、「質・量とも充足できていない」が全体の4分の3を占め、質・量両面から不足感が強い状況。

出典:2018年版ものづくり白書「概要」

また、データの収集・利活用にかかる戦略・計画を主導する部門は、現場から経営に移った一方、実際の利活用に本格的な変化は起きていない状況です。「モノ」から「サービス・ソリューション」へ付加価値が移行している中、新たな環境変化に対応した付加価値の獲得に、経営主導で先進ツール等の利活用を通じて対応を推進する必要があります。

出典:2018年版ものづくり白書「概要」

設計の「見える化」による作業の効率化

3次元設計を行うと、製品形状の視覚的な判断・評価や形状の容易な理解、ミスの削減、明確な情報伝達ができるようになり、より柔軟にそして短期間での設計を行えます。

3次元化すると、試作前に形状を確認できるため、コミュニケーションも高まる

仮想設計検証により開発サイクルを加速

製造時に発覚する問題を設計初期に検証することにより、問題の把握・修正をして製品の作り込みを行い、品質向上・開発期間短縮・コスト削減を図れます。

SOLIDWORKSに搭載されているさまざまなシミュレーションで製品の挙動を計算

経験と勘による判断を形状の最適化機能でサポート

SOLIDWORKSはトポロジー最適化機能を備えています。設計初期段階で軽量化に配慮した形状を計算し、効率的な詳細設計を支援します。簡易モデルから境界条件を考慮した軽量化案を作成できるので、経験の浅い若手技術者でも設計を進められます。

目標とする軽量化を実現しながら、最も高い剛性となる形状を自動計算

エレキ・メカの連携による設計の効率化

SOLIDWORKSでは、制御設計図面を基にして実製品と同様に配線モデルを作成できます。また、メカ設計と基板設計をシームレスに連携して、設計を効率化することも可能です。

SOLIDWORKS Electricalは電気設計・機械設計の協調設計を実現

ナレッジベースによるNCプログラミングプロセスの自動化

設備能力や加工技術が保存されているテクノロジーデータベースにより、設備の製造情報を把握し、NCプログラミングプロセスを自動化することで、職人技や暗黙知を体系化したルールベースの製造を促進できます。

検査用ドキュメントの自動作成

製品品質評価のためのバルーン付き図面と検査レポートを自動作成。手間のかかっていた図面情報の目視確認・転記作業を自動化し、手作業やミスを解消します。

文書作成の前倒しによる開発期間短縮

画像準備のための写真撮影やイラスト作成を行わずに設計データから画像・動画を用意できるため、文書作成に要する工数とコストを大幅に削減します。

各種SOLIDWORKSソリューションによる全体最適化

  • 作成基準、作成順序、寸法の入れ方などモデリング工程を表示するデザインツリーに設計意図が残る形状作成履歴。
  • 形状と製品製造情報(PMI)を表示した3次元モデルを利用した製造部門における図面の置き換え。
  • ファイルの検索作業によるパフォーマンスの低下を回避するデータ管理ソリューション。

SOLIDWORKSは、3次元データを設計以外の分野でも有効活用し、社内や取引先、協力企業を含めた全体最適化を可能にする各種ソリューションが用意されています。詳しくは、製品情報にてご確認ください。

SOLIDWORKS 製品情報

さらに詳しく知りたい方へ - 無料資料請求

本トピックスでご紹介しきれなかった内容を資料にまとめています。もちろん無料! ぜひ情報収集や検討資料としてお役立てください。

SOLIDWORKSの利活用による生産性向上・人材不足対策

主な内容
  • 日本のものづくり産業の現状
  • 「SOLIDWORKSの利活用」による生産性向上・人材不足対策
  • まとめ など

お問い合わせ

専門スタッフが丁寧にご説明します。どんな小さなことでも、お気軽にご相談ください。

価格のご相談・お問い合わせ

CAD Japan.com運営元の株式会社大塚商会からご連絡させていただきます。

03-3514-7820

専門の担当者がご対応します。

CADプロモーション部製造プロモーション課
営業時間 9:00~17:30(土日祝日/当社休業日を除く)

卸販売について

お探しの情報は見つかりましたか?

お気軽にご質問ください。販促担当よりお答えします。

質問フォーム

PAGE TOP